「イグアナの娘」第四話

なんだか毎日慌ただしくて、書きかけの状態でずーっと時間が経ってしまった。このままでは今日放映の第五話に記憶が上書きされてしまうので、なんとか今のうちに…。


とりあえず気を取り直して、第四話を見る。

昇の練習風景を見ているリカ。小学校の時に、昇の応援に来たときのことを思い出している。マミと一緒だが、マミは飽きてしまって帰りたがるのを「もうすぐだから」となだめて見ていた。その頃からずっと、リカは昇だけを見てきたのだろう。

生物の授業中、珍しい動物のスライドを見ていて、ガラパゴスイグアナが出てきたところで失神し、早退するリカ。リカが家で寝ていると、昇が訪ねてくる。ゆりこは玄関先で追い返すのかと思いきや、「上がって」と昇を招き入れ、お茶を入れる。

ゆりこの背中に向かって「イグアナってなんなんですか?」と訪ねる昇。小学校の時に図書館の生物図鑑でイグアナを見たリカが倒れたのを覚えていたのだった。あと、自殺未遂の時にもうわ言で「私はイグアナだから」と言っていたとか。ハッとするが「嫌いなんでしょう。気持ちが悪いから」とごまかすゆりこ。

ゆりこの「岡崎君は、リカのなに? 恋人? またはその可能性は?」に、昇は「そんなんじゃありません」。すかさず「だったら、リカとこれ以上親しくならないでほしいの」。

ゆりこが何を考えているのか、いつも表情を探ってしまうのだが、割合わかりやすい表現をしていても、複雑な感情の動きについていくのが難しい。リカに対しては大概険しい顔をしているが、時々フッとすごく優しい表情になる。リカはいつもこの母親の顔色を伺って過ごしている。いつもいつもビクビクしながらも、できればいつもこの優しい顔を見ていたいと思うのだろう。

リカの家を出た昇は、雨の中、何かを忘れるように一人で練習に没頭するが、足をすべらせて捻挫してしまう。

翌日、練習中の昇を訪ねたかをり。「あの時、昇と青島さんがキスしてるの見ちゃった」。うろたえる昇に、リカと三上が通り掛かったのを確認してキスするかをり。リカだけでなく、中谷も、マミも見てしまう。「何するんだよ!」とはねのける昇に「私の方が長かったね」とシラッと言うかをり。それって長さの問題?、と突っ込みたくなるのだが。

父の動物病院でウサギを抱っこするリカ。ここで難産の末生まれたとか。父が「リカが生まれたときもすごい難産で、ママ大変だったんだ」と言うと、リカはちょっと驚いて「生まれる前から心配かけてごめんなさい」とおどける。父や、父のアシスタントさんとは、ごく普通に、冗談を言いあったりもできる。この父の存在がなかったら、リカはもっと卑屈になっていたのかも。

その帰り道、一人になったリカをかをりがつかまえ「私、あなたみたいな人大っきらい。昇が私以外の人を好きになっても仕方ないけど、あなただけはイヤ!」と言い放つ。通り掛かったゆりこが影でその話を聞いていたが、その時はなぜかすごく優しい表情だった。まさかリカがけなされているのが嬉しいとも思えないが。

夜、お風呂から上がったリカに、呆然と何かを考えていたゆりこが「お母さん、今日岡崎君に、リカとこれ以上親しくならないで、って頼んだの。良かったでしょう?」と優しく言う。リカは愕然としたけれど、すぐににっこりして「お母さん、私は恋愛なんてできっこないから。大丈夫だから」。安心したように微笑んで「もう寝なさい」とゆりこ。珍しく穏やかな母子の会話。

(ここより10/18追記)

翌日、リカが陸上競技場(?)のスタンドにひとりでいると、昇がやってきて練習をはじめる。慌てて帰ろうとするリカ。ところが、昇は走り出すと怪我した足が痛むらしい。それを見て驚くリカ。昇に気づかれてしまったリカは、「先日は母が…」と言いかけるが、昇が「気にしてないよ」と言いつつ「それにしてもお前のお袋さん、おかしいんじゃないの」と言い出すと、急にリカは「お母さんのことを悪く言わないで!」とムキになる。呆然として「ごめん」と謝る昇。「お前って、時々強いよな」。

その後、怪我のことは他の人に黙っていてほしいと言う昇。そして、最後の競技会を「良かったら見に来いよ。たいした選手じゃないけど、これでも結構がんばってきたんだぜ」と笑顔で誘う。

これって、絶対競技会で何かまずいことになるんだろうなぁ。怪我を隠して競技会に出て、ただで済む訳ないものね。

競技会当日、陸上部マネージャーのマミは朝早く出かけていく。リカに「お姉ちゃん、来るの?」と聞くとリカは「…ううん」と首を振る。行くつもりのクセに…。

朝の食卓で、マミを先に見送ると、突然ゆりこが「ねぇ、マミちゃんには悪いけど、今日は3人でお買い物でも行かない?」と言い出す。ほらきた! リカは当然断れないし、父は、ゆりこがリカを連れて外に行こうと言い出したことが嬉しくて仕方がない様子。でも、絶対真意は別のところにあるのが見え見え。

競技会場では、着々と競技が進行中。昇は隠れてテーピングに余念がない。三上がやってきて、客席にリカの姿を探すが、いない。そのうちかをりもやってきて、図々しく関係者席まで入ってきて「がんばってね」と昇に声をかける。

その頃リカは、時計を気にしながら両親と買い物中。父は楽しそうにはしゃいでいる。昼食の席でも、リカは時計ばかり気になって、全然食事に集中できていない。昇が出場するのは午後1時。12時半を回ったころ、ゆりこは料理を追加。この時点で、単にリカをここに引き止めておきたいのだということがはっきりする。そして、45分、ついにリカは我慢できずに立ち上がる。いくらなんでも遅いんじゃないの?、と思ったけど、ゆりこの制止を振り切って「ごめんなさい」と一言言い置いて走り出す。

ひたすら会場を目指して走るリカ。でも、絶対間に合いそうにない。だいたい、食べたばっかりでそんなに走ったら気持ち悪くなるんじゃないの?、というツッコミは置いておいて、とにかく走る。

でも、その頃、無情にも昇の800m走がスタート。順調に先頭を走る昇。走りつづけるリカと交互に映る。そして、最後の直線に入ったところで、昇は転倒。次々に後続の選手に抜かれていく。立ち上がろうとしては倒れ込む昇…。かをりが駆け寄ろうとするが、中谷が「立ち上がろうとしてるだろ」と止める。

それにしても、これだけ長い間立ち上がれなかったら、運動会じゃないんだし、係の人が止めるんじゃないの?、と思わずにはいられないが、そうこうしているうちにリカが会場に到着。倒れている昇を見つけ、一直線に昇のところに走り、そばまで行って必死に励ます。その必死さに、マミも、かをりも諦めたような表情を見せる。そして、ようやく立ち上がり、足を引きずりながらゴールする昇。励まし続けるリカ…。ゴールして笑顔を向ける昇。

二人の関係が、少ーし進展したかな、という感じだった。

そしてその夜、何か物思う表情で髪をとかすゆりこ。ふと鏡を見ると、そこにはイグアナの姿が…! ゆりこの悲鳴が響く。そうか、こんなシーン、あったのね。知らなかった。これでゆりこ自身もイグアナだということに、今さら気づいたのだろうか…?

以下、次回。って今日じゃん(^_^;。

ランキングに参加してます

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする