「イグアナの娘」第三話

ひょっとして最近「イグアナの娘」のことしか書いてない?

はまり度が高いので、つい放映当日に見てしまう。というわけで、第三話。

初めて、リカの笑顔がたくさん見られた。

「リカの受験をやめさせる。できれば家に閉じ込めておきたい」というゆりこに、父は「一人で抱え込まないでほしい」と言い、リカには、母が自分と会う前の記憶がなく、身寄りもないことを初めて話す。翌朝リカが晴々とした顔で「お母さんの言う通りにする。大学も行かない」と母に告げると、今度は母も「もう何も言わない」とリカの受験を許す。

この辺の気持ちのやりとりが複雑。母はリカを自分のものだけにしておきたいのだろう。リカのことが可愛くない、愛せない、と言いながら、実は一番独占したいのが母。この母は実はイグアナの化身という設定だから、娘がイグアナに見えるのは「自分のイヤなところがそっくり」という意味なのだろうか。

三上と一緒にお弁当を食べながら、受験を許してもらったことを話すリカ。今度の連休に一緒に清里に行こうと言われ、今までそんな友人のいなかったリカは舞い上がってしまう。二人であれこれ楽しそうに、その日帰り旅行の計画を立てているのを、かをりが見ている。その頃マミは昇に連休の予定を聞くが、あっさり「練習」と返され、一緒にいられると喜ぶ。

いきなり清里小旅行なんて、両親、特にゆりこが許すのかと疑問に思っていたら、あっさりOK。しかも「お小遣い、あるの?」と優しい言葉。ちょっとびっくり。おまけに、マミは気前良く服まで貸してくれる。なんかおかしな雲行き。

休みの日の朝、三上と二人で清里へ出かけるリカ。その頃、練習に行く途中の昇をかおりがつかまえ、リカの自殺のことを話してしまったことを謝り「青島さん(リカ)にも謝らなくちゃ」と殊勝なことを言い出す。絶対何か裏がありそう。その後「一生のお願いがあるの」。やっぱり。

清里で三上と楽しく過ごすリカ。笑顔がすごく可愛い。本当に生まれて初めて、こんなに楽しい時を過ごしているんだなぁ、と感じさせるような、明るい笑顔に、なんだかまた胸が熱くなってしまう。そして「一緒に写真撮ろう。誰かにシャッター押してもらって」と話している二人に「押してあげましょうか」という声。かをりだった。「偶然ねぇ。(←嘘ばっかり!)」空気一変。今まで明るかったリカの表情が曇る。三上も絶句。

その頃、陸上部で昇を待っているマミ。昇の親友の中谷が一人で歩いてくる。「昇なら来ないよ。清里に行った」。「えーっ、誰と?」「知らねぇ!」。マミはすっかり誤解してしまう。「お姉ちゃんのうそつき!」。

そこまでの明るい流れが一気に逆に流れていく。たぶん、リカにはまだその流れを自分で変える力はない。当然、かをりは昇と一緒に来て、必要以上にベタベタする。単にリカに見せつけるためだけに来たのだ。しかもわざわざ「せっかくだから4人で一緒に行動しましょう」と来る。断っちゃえばいいのに、リカは断れない。

昇はたぶんかをりのことを好きなわけではないのに、嫌がったりしないのでリカはすぐに落ち込む。このぐらいの男の子って、女の子にベタベタされるのはイヤだと思うんだけど、そういう意味でちょっとこの昇の態度は腑に落ちない。確か、後の方で理由がわかるのだけど。

それでも、それなりに楽しく過ごすリカ。何しろ、親と離れて旅行に来たことなんてないのだし、好きな男の子が近くにいる、っていうだけで、ある意味幸せなのだろうと思う。帰りに昇が3人にひとつずつ「今日の記念におみやげ」と小さな置物をプレゼントする。そして、そろそろ最終電車、という時、かをりにぶつかられて荷物を落とすリカ。よく大事なものを落とすね、この人。さっき昇からもらったおみやげを落としたまま出発してしまう。

最終電車のベルが鳴り響くホームで、なくし物に気が付いたリカ、落とした場所に思い当たって、引き返してしまう。三上は焦って窓の外を見るが、昇は「しかたない」といった様子で、ベルが鳴りやむ直前、電車を降りて後を追う。中に残されて「これは最終だから追いかけられないよ」と言う三上に、唇をかむかをり。

この、後先考えずに引き返してしまうのがリカなのだろうか。父や母(特に母)の顔より先に昇からもらったプレゼントの方が勝ってしまうのは、リカの性格にちょっと反するような気がしていまいち納得がいかない。

何時間もかかってようやく目当てのものを見つけて、大事そうに抱え込むリカ。昇がいくら「探すのを手伝わせて」と言っても「なんだったの?」と聞いても答えなかった。そして、見つけて初めて「ああああーっ、どうしよう。電車、もうないし…」。今頃気づくのかい! おまけに、気づいたら電話ぐらいしろって! だいたい、そろそろ夜が明けそうな時間までかかるものなのだろうか、ってこの辺はツッコミ処満載。

泣きながら、リカが昇と一緒に清里に言ったと訴えるマミ。父はリカを信用しようとしながらも心配になる。そして、夜になって三上が一人で帰って来て、リカが最終に乗り遅れたことを告げる。ゆりこは昇とリカが一緒だということにショックを受ける。

ホームでウトウトして、昇に寄り掛かるリカ。手のひらが開いて、自分のあげたプレゼントが見える。愛しさを感じたのか、眠っているリカにキスする昇。それを、反対側のホームでかをりが見ていた。

自分でかけた罠に自分ではまるかをりに、ちょっと溜飲。でも、かをりもただのイヤな女の子じゃないのよね、確か。こんな風にしか自分を表現できないって、彼女も悲しい人なんだと思う。

朝帰りのリカに「パパは本当にがっかりした」という父。そりゃそうだ。私の家だったらたぶん怒鳴られて殴られてたな、きっと。ここの父親は優しいからそんなことないけど。
部屋に戻ったリカはマミになじられ、服やバッグを無理やり取り返される。「お姉ちゃんなんていなくなればいい!」ってそれはいくらなんでも言い過ぎと思うけど。でも、叱られたりなじられたりするのは仕方ない。リカが悪いんだから。そして、今度はゆりこが来て「あなたはもう少し自分のことがわかっていると思った」と言い、無理やりリカに鏡を見せる。この二人の「戦い」は、まだまだ続くのだ。たぶん、リカにはそんな自覚はないだろうけど。

ランキングに参加してます

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする