タグ : WYSIWYG

続・Excelとタブリーダー

昨日の話の続きです。

Excelでタブリーダーが使えないので、代わりに図形の「点線」を使ってみました、と書きましたが。

結論から言うと、うまく行きませんでした。

この方法は、完全にWYSIWIG(What you see is what you get/見える通りに印刷できる)を実現しているIllustratorなら使えるのですが、Excelの図形は実際そうではなくて、印刷してみるとあちこち欠けたりズレたりしてしまうんです。

画面では見えているから大丈夫だろうと思って印刷プレビューで確認せずに印刷し、痛い目を見たことが何度もあるのですが、今回も同じでした。それこそ、文字と文字の間に引いたはずの線は、見事にズレて、文字と重なってしまいました。

もうこの際、リーダーらしきものは入れずに空白にしてしまおうかとも思ったのですが、これが一段ならともかく二段組みだとわかりづらいんですよね。

同僚からは「等幅フォント使って並べればいいんじゃない?」と言われたのですが、そのやり方は自分が許せません。HTMLと一緒で、ソース(?)が汚いのは我慢ならないのです。

結局、一番シンプルな方法で解決しました。

タブとタブの間を「・・・(中黒/ナカグロ)」で埋めてみました。

左側の項目を左揃えタブで揃え、それに対応する項目を右揃えタブで揃え、その間は右側の項目の位置に影響する直前までナカグロを打つ。これでカンペキです。

それにしても、考えてみたらどうしてみんなこの文書をExcelで作っているのかしら。

Excelのセルなんて一つも使ってなくて、全部テキストボックスやらワードアートやらでレイアウトしているだけなのに。表組みすら無いんだし。だったらWordでいいじゃん? 強いて言えば、更新履歴をシートコピーで残しているから、そこにこだわりがあるのかな。

とは言え、Wordの「タブ」も、その挙動は完全に把握できていません。今日も今日とて、別のWord文書でタブがズレまくって困ってしまいました。

Wordはキライという人が多い中、使いこなそうと20年近く頑張っているんですけどねぇ。タブのことも含め、まだまだ飼い慣らしているとは言い難い状況です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Twitt