タグ : Photoshop

疑問はその場で解決しましょう

職場で、ある配布用資料の修正をお願いされました。

資料と言っても、すでに印刷されたものしかないので、スキャンされた画像になっており(tiffファイル)、この一部の文字を修正するとなると、やはりPhotoshopなど、編集できるソフトが必要です。

職場でPhotoshopを使っているのは私だけなので、私のところに回ってきたという訳です。

開いてみると、「ピクセル縦横比を確認はプレビュー専用です。最高の画質を確保するには、このオプションをオフにします。」というメッセージが出ます。

構わずOKすると、出てきた画像はみょーに縦長に詰まってしまっています。

「ビュー」で「ピクセル縦横比を確認」のチェックを外すと見た目は元の大きさになりますが、実際にはピクセルが縦に縮んでいるらしく、文字ツールを使うと超!横長の文字になってしまいますし、消しゴムツールなどは真円に程遠い横長楕円になってしまいます。

これ、以前もあったのですが、その時は「変だな」と思いつつ、中身を編集する必要もなかったので調べずにそのまま放置してしまいました。

今回も、最初は文字幅を40%とかにして編集していたのですが、修正箇所も多く、データそのものに問題があることは確かなので、どういう状況なのか調べてみましたら、言葉通り「ピクセル縦横比」が1対1になっていない、ということのようです。

原因はわからないのですが、おそらくスキャンしたときの設定がおかしかったのでしょうね。この辺は私は使わないアプリなので良くわかりません。

とにかく、この場合は「イメージ」⇒「ピクセル縦横比」を「正方形ピクセル」に変更してやればOKということがわかりました。
でも、以前にもあったのだから、その場で調べておけば、今回またモヤモヤしなくて済んだんですよね。

何でもそうですが、今は「何かおかしい」と思ったら、検索すれば大抵の解決法はネットに載っています。(たまに見つからないこともありますが…)

やはり、疑問があったら、なるべくその場で調べて解決すべきですね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Twitt