タグ : 第九

第九が無事に終わりました

第九、無事本番終了しました。

前日夜の最終リハーサルから当日の本番、打ち上げまで、怒涛の1日半でした。

最終リハからはソリストが加わり、「いよいよ」感が高まりますね。

今回の指揮者の先生は、なんとなく気になるところをテンポ良く、ユーモアを交えつつも時には厳しく、と的確に修正していってくださいました。かゆい所に手が届く感じがとても心地よかったです。

私はと言えば、前週に引き続き、良い感じの緊張感保持と省エネができていた気がします。

喉はそれほど疲れないのだけれど、呼吸や出るタイミング、ディナーミック等、それなりに気をつけて行けた感じ。自分でも驚くほど、ブレスが要らなくて、長いフレーズが結構一息で歌いきれたりしました。(万一途中で無くなっても焦らずに済むのが合唱の良いところですし。)

と、どうやらいい感じで行けそうだ、という手応えを感じる最終リハでした。

そして当日。

本番がマチネなので、朝は10時には発声です。

以前に別の曲ですが、ゲネプロで全力を出し尽くしてしまって本番撃沈したことがあるので、今回はその轍を踏まないよう、「ほどほど」を心がけて参りました。

お昼休みは支給されたお弁当(結構豪華)をいただき、着替えてメイクをすればもうすぐに本番です。

大ホールの開場時間には待機場所の小ホールに移動し、そこで直前発声、というか副指揮者の最終チェックを受け、呼び出しがかかるのを待ちます。

いつもは第九の前に小曲の前プロがあるのでこの時間はもう少し余裕があったように思うのですが、今回は第九のみの演奏会ということで、開演するとすぐに第一楽章が始まり、第一楽章が終わるともう舞台袖へ移動、と結構慌ただしかったです。

私はのど飴を一個舞台袖に持ち込んで、ステージに移動する直前に口に含んで入場しました。舞台の上、乾燥しますし、第三楽章~第四楽章前半部分だけで30分ちかくありますから。

ステージに上がってみると会場はほぼ満席で、すごい熱気でした。

ただ、第三楽章はずっと立って聞いているのですが、いつものこととは言え、この時間が結構つらいですね。心地よい音楽ですし。私、立ったまま寝そうになるのを必死でこらえておりました。いや、立ったまま寝て膝が折れたりすると事故ですから(汗)。

そしてようやく第四楽章。前半が終わって冒頭と同じ音楽が流れたら、客席に正対するように、という指示でしたので、それまでステージの内側を向いていた体を向き直ります。

バリトンの朗々としたソロを受けて、歌い始め。低い音は絶対無理しない、を心がけて、前半は軽く入ったのですが、やはり「歓喜の合唱」あたりからは省エネ、忘れちゃいました…。でも、気を取り直して腹筋の支え、息を流すをずーっと心がけていたら、途中からは全然きつくなくなり、後ろから聞こえてくるすごく上手な人の声に乗せて歌って行ったところ、最後まで気持ち良く通せました。

合唱だと、自分の声は集団の一部なので、逆に集中力が増す気がします。ソロだと細かい失敗がダイレクトに気になってしまうし、途中で立て直すのが本当に大変なので。(でも今はやっぱりソロを頑張ろうと思っていますが。)久々の合唱、気持ちよかったです。

第九って、最後の盛り上がりが半端ないので、途中がどうあれ、終わった時の達成感は何度歌っても良いですね。当然、終わった後は大喝采。鳴りやまない拍手は嬉しかったけれど、立ちっぱなしで疲れた足にはちょっときつかったです(笑)。

終演後は片づけを経て打ち上げ。

以前とはホール内レストランのテナントさんが変わり、和食系のお店になったのですが、打ち上げのお料理がすごく豊富で、美味しいおでんもあったりして、かなり満足でした。指揮者の先生をはじめ、ソリストの先生方も皆さん参加して、演奏会の大成功をお祝いしました。そういえば市長もいらして挨拶していましたね。

なんとなく前週までそれほど気持ちが盛り上がらなかった第九なんですが、終わってみたらやっぱり楽しかったです。来年はオケが今年と違ってプロだという話だし、また参加してしまうかもしれません。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Twitt

いよいよオケ合わせ~第九

第九の本番まで早一週間となりました。

今年は先生がお忙しかったのか、練習の回数が全体的に少なめで、その中でも1/3くらいは副指揮の先生のご指導でしたし、途中には練習のない週も2度ほどあるという、かなり余裕のない練習期間でした。

その埋め合わせなのか何なのか、この週末は2日連続で夜練習。

一日目は、先週(私はお休みしました)あった本番指揮者の先生のご指導の復習をしつつ通し練習。

ここのところ省エネを心がけつつも、いつもいつも最後までは持たないことが続いていたのですが、この日初めて、なんとか最後までラクに歌えました。少しだけホッ。

ただ、もう本番までカウントダウン状態にも関わらず、楽譜が手放せない方が結構いることにも驚き。

とは言え、先に書いたように今回は練習回数も少なかったし、仕方ない部分はありますね。

そして二日目はオーケストラ合わせ。

私自身、ここでの第九は4回目ですが、最初の時に市民オケだった以外、2回目3回目はプロオケの時を選んで参加したので、今回は久々の市民オケです。

オケ合わせは本番でも歌う大ホールでの練習になるので、やはり気持ちの入り方が変わります。ただ、ついつい喉に負担をかける歌い方に陥りやすいので気をつけないと…。

並び方はまだ仮ということでしたが、人数が多いので(約200名)、どうしても端の方は指揮が見づらくなります。私は目の端に入れて歌うのが苦手なので、かなり中央寄りを確保しました。本番でもその辺に行けるといいな。

指揮はもちろん本番指揮者の先生。

最初に、合唱の入るところからオケもほぼノンストップで通してみたのですが、思ったより良い感じだったので安心しました。

私自身、理由は良く分からないのですが、前日に引き続きどこも苦しくなりませんでした。ひょっとして力の抜き方を覚えたのでしょうかね。(腹筋は使っている自覚がありましたが。)

いつもだったらフーガの最後でもう無理!、という状態になってしまい、最後のPrestoはもうヘロヘロで、それこそ鶏が絞め殺されそうな声になってしまうのですが、それもたぶん無かったと思います。

ホールで歌ってみて何とか大丈夫そうだったのでかなり安心しました。いつもだったら広いホールに立った時点で力んでしまうんですが、最初から頑張らない、と決めているだけでも違うのかもしれませんね。

通しの後は例によって少しずつ修正をかけて行きました。

オケがプロの時は指揮者の先生はほぼオケを放置なのですが、今回は結構オケにもダメが出ていました(オケ練は別にあるのですけどね)。まぁ、普段は社会人をしている皆さんですし、合唱はもっとバラついているのでお互いさまなんですが。

でも、とても乗せ上手な先生で、雰囲気はとても良かったです。本番が楽しみ。

泣いても笑ってもあとはゲネプロと本番のみ。最後まで楽しく歌えますように。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Twitt

省エネ模索中~第九

第九の練習、今回は副指揮の先生でした。

前回音取りがすべて終わったので、いわゆる「歌いこみ」かな、と思ったのですが、指導者が変わればまた内容も変わるということで、最初から細かい部分の洗い直し、という感じでした。

常任のS先生とは注意する点が全然違うので面白い面もあるのですが、「ここがキツい」という部分の練習があまりなかったのでちょっと肩透かしを食らったような気分でした。

第九の合唱は、部分部分で取り出してもキツいのが”M”の「歓喜の歌」部分(特に繰り返し)とフーガ、そして最後のPresto以降かな、と思うのですが、実は”M”から”N”を経てフーガ、そして、ppの”ein lieber Vater wonen”までがほぼ休みなくひと続きになっているのが鬼門だと思うのです(あ、ソプラノの場合です。)

なので、ここを続けて練習しないことにはペース配分がつかめないんですが…。

今回はそういう練習はなかったのでちょっと残念です。

そして、個人的にはどうやったら省エネで歌えるかばかりを考えていました(笑)。

“M”はとりあえずmpくらいで歌えばそれほど疲れないで済みそうです。
回りがフルパワーで歌ってくれるので問題ないでしょう。

フーガは飛ばされたのでまだわかりません。

Prestoはどうしましょう。歌ってしまったらやっぱりキツかったです。ヘタに手を抜くとノドに来るので、ノドを開けてなるべく音量を上げないようにしてみたのですが、それでもAの連続は堪えますね。

Maestosoのところまで、なんとかしてある程度ラクに持っていきたいものです。

次回からは夜の練習。もう本番までカウントダウン段階です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Twitt

最後まで持たない…第九

第九の練習に行ってきました。

今回は前半の時間で最後の”S”以降の部分の音取りを終え、後半はついに歌いこみに入りました。

この最後の部分が、ダメ押しのようにキツイ音域の連続なんですよねぇ。

ソプラノ以外は音の跳躍が多くて大変そうですし。

そしてラスト少し前のMaestoso…。初めて歌った時はテンポが変わりすぎて面喰いましたが、本当に歌い手泣かせですよね。

それでも、この”S以降”だけを練習した時はまだ良かったんです。大変は大変ですが、なんとかなります。

休憩後に最初からずっと歌って行くと、やっぱり最後まで持ちません…。

最初のほうは程よく力も抜けて、音域高くても「楽勝楽勝♪」くらいな感じだったのですが、例の一番有名な「歓喜の歌」あたりでヤバくなり、フーガで完璧に撃沈してしまいました…。

今回は前半に最後の部分を練習したこともあって、通し練習はそこまで行きませんでしたが、このペースだと確実に最後は歌えません。

さぁどうしましょう。

声楽の師匠は、「くれぐれも、きちんと歌おうと思わないように」とおっしゃっていましたが、確かに全編しっかり歌おうと思うのは無理ですね。以前なんとか持ったとしたら、それは逆にちゃんと歌えてなかったからなんだと思いました。

いや、もちろん一度たりとも、最後まできちんと歌えたことなんてないんですけど。

今回は意識的に、どこか抜かないと途中でつぶれてしまいそうです…。

できることなら、最後の最後をきちんと歌いたいんですよね。
いつもそこがアップアップなんで。

さて、どこを抜いたら合唱的に一番問題ないですかね。

フーガはもちろん、ppの高音が連続するところは休みたくないですよねぇ。

やっぱり、一番有名な例のアレを休むのが現実的でしょうか。

とは言え、ステージに立っちゃうと、歌わずにいられないんですよねぇ、きっと。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Twitt

そろそろ中盤~第九練習

今日は夜、第九の練習でした。

3年ぶりの第九もそろそろ中盤ですが、まだ音取りが終わりません。

前回、副指揮の先生が超スピードでフーガの音取りをなさったのですが、音取りと言いながら、ほぼ最初から歌詞付でどんどん歌わせて最後まで行ってしまったため、経験者はともかく、初めての人たちは相当面食らったのではないかと思われます。

なので今回はメインの合唱指揮者、S先生がフーガの最初から丁寧にやり直してくださいました。

やっぱり、改めて第九は難易度高いなぁ、と感じました。

ドイツ語だけでも敷居高いのに、各パート単独で歌っても難しいメロディライン。これをタイミングをずらして一緒に歌うわけで。

私自身はさすがに4回目ともなると、今回は出る場所も全部覚えていてまず間違えませんが、最初はあちこちで落ちましたもん。

今年の目標は、最後まで力を使い切らずに歌うこと。

毎回、わかっちゃいるけど最後のPrestoまで声が持たないんですよね。
最後は息も絶え絶え、って感じになっちゃう。

最後に出てくるA(高いラ)やB(シ♭)の連続に対応しきれないんです。

ここを、なんとかラクに乗り切りたいものです。

今のところ、フーガの終了時にまだ余力があるので、過去3回よりは良い方向に行っているかもしれません。

12月の本番まで、ほどほどに頑張っていきます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Twitt