タグ : 交換

今度はシーリングライト交換

去年から家電品が次々寿命を迎えている我が家ですが…。

今度はリビングのシーリングライトの交換を迫られました。

壁のスイッチをONにしても反応しないことしばしばで、その度に脚立を使ってゴソゴソと少し動かしてみると点く、という状態になっておりました。接触が悪くなっていたようです。

そのうち、何度もガタガタやっていたせいかセード(覆い)のフレームが割れてしまい、いよいよ待ったなしの状況に。(セードを外したら負荷が減った分点灯する確率は上がったのですが、見栄えが悪すぎますよね。)

まぁ、築約20年、一度も換えずに使ってきましたし、もう今の時代蛍光灯でもないだろうと思いまして。

この際LEDにしよう、と決意して電気店を見て回ったり、ネットショップを探してみたところ、一時期に比べてかなり安くなっていることに驚きました。

少なくとも震災直後の頃と比べると全然違います。当時も節電のためにLEDに、という声が多かったので検討した覚えはあるのですが、まだまだ3万くらいはして、とても手が出なかったのです。

いろいろ検討して、某大手国内メーカー製の8畳用シーリングライトを1万円未満で購入しました。

我が家のリビングは約12畳の洋間に2箇所照明がつくようになっていますので、6畳用でもいいかなと思ったのですが、明るさは3段階に切り替えられるということだったので、暗いよりは、とこちらを選びました。

さて、交換はまた例によって私が自分でやりました。

脚立のてっぺんに登った状態で、元のライトを外すのに少し苦労しましたが、トイレに比べたら全然ラクでした。

取り付けの方はもう、説明書どおりにカチッと言うまで嵌める、さえ気をつければどうってことはありませんでしたし。

点けてみたら、やっぱり明るいですね、LED。70%でも十分な感じです。

昔のはヒモを引っ張って部分点灯などをしましたが(そのヒモもずいぶん前に取れてしまって、切り替え部分も壊れて全照しかできない状態でした)、今はみんなリモコンですね。リモコンがいっぱいありすぎるので、照明のリモコンは壁に取り付けてしまいました。

ところで、説明書を見ていたら、なんと光源の交換方法が載っていません…。つまり、点かなくなったら本体ごと交換しろということですね。一応5年保証つきですが、少しでも長持ちしてくれることを祈るばかりです。

シーリングライトは、もちろんここだけではないので、あといくつかはそう遠くない将来に交換しないとならないでしょう。

さて、実はまだ交換しないといけないものは控えているんです。

それはFAX付き電話機。これも15年くらい使ってます。イマドキ見ない感熱紙式です。

子機が2台あるのですが、ずいぶん前に1台はバッテリーがヘタってダメになり、ついに残りの1台も充電が効かなくなってきました。子機の液晶画面はとっくに読めなくなっていて、ナンバーディスプレイの意味がありません(笑)。

どこかのタイミングでこれも買い換えないとなぁ…。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Twitt

温水洗浄便座を自力で交換

自宅の温水洗浄便座の調子が悪くなったのが1ヶ月ほど前。

温水が安定して出なくなりました。

考えてみたらこの便座ももう10年くらい使ってます。説明書にも「長期間お使いの方は買い替えをお考えください」と書いてあるし、そろそろ替え時だよなぁ、と思ってリサーチを始めました。

とは言っても、我が家の場合は特に高機能を求めていないので、とにかく一番ベーシックなもの、最安の価格帯のものに絞って探します。

結果、価格的にもほぼ最安値だったし、たぶん、前回と同じメーカーの方が交換が楽だろうと安易に考えて、パナソニックのものを選びました。
もちろん、一応サイズ等は調べて、取付可能なことだけは確認しました。

工事を頼むつもりもなかったので、価格.comで調べたところ、なんとAmazonが最安値。

と言う訳で迷わずAmazonに注文。すぐ2日後くらいに届きました。

ここまでが一週間くらい前の話です。

さて、商品が届き、とりあえず取付の説明書を見てみると、最初に止水栓の状態を調べることになっています。

「既存のものと交換する場合」で、現在の止水栓の種類を図と比べてみると…。

……載ってません(汗)。

型が古すぎて、分岐水栓として2種類載っているのですがどちらにもあてはまらないようです。

パナのサイトで商品番号検索をかけてもヒットしませんし。

それに、説明書には、「この場合は専門業者にご依頼ください」って書いてあるので、夫は「やっぱり頼まないとダメなんじゃない?」と及び腰。
えー、工事頼んだら安いものを探した意味がないじゃない?

それから改めて、ネットを検索しまくってパナ同士の交換をした方のレビュー等を読んでみると、やはり交換はなかなか面倒なことがわかりました。(新規取付は易しいそうです。) ただし、業者を頼む必要はなさそうです。

結果、説明書に書いてあるように、別売りの分岐水栓(止水栓)を購入すれば何とかなることがわかったので、改めてそれを注文。

ただ、これを使って交換するには水道の元栓を閉めないといけないので、交換する間は家中の水道が使えなくなります。(新規の場合はトイレ内の止水栓を閉めるだけなので大丈夫のようです。)

なので夫の休みの日に彼にお願いするのは断念して、自分でトライしてみることにしました。

で、自分の平日休みの日。

水道の元栓を閉めて、いざ開始。

まず、水栓部分の形が図解と全然違うので、どうやって外すのかしばし悩みました。止水栓部分の溝も全然回らないし。が、奥の袋ナットを少し緩めてみたらどうやら回りそうです。

結局、普通の止水栓と違って一体型になっていたようなので、先に給水ホースを外してからその部品そのものをグルグル回すことで、無事外れました。

ここまで出来てしまえばあとは説明書通りで簡単、のはずでしたが、家のトイレは狭いので、ナットを締めるのにもいちいち大変でした。何しろ、モンキーレンチが回るスペースがないんですもん。

まぁ、とにもかくにも無事水栓を交換し、あとは古い便座を外して(便器を掃除して)、新しいものを取り付けて…、の辺りは、今の部品が良くできていることもあって、それほど難しくはありませんでした。

取り付けた後元栓を開けて水漏れがないことを確認し、試運転して、無事動いた時はちょっと感動でした。

自分でやってみると、その部分の構造もわかるので良かったです。
次回は何年後かわかりませんが、もうちょっとスムーズにできそうです。

そのあと、古い便座を引き取ってもらうためにごみ収集センターに電話したら、「衛生上の問題がありますので奇麗に洗ってから出してください」と言われてしまい、ついでなので洗いました。ふだん届かないところは相当汚かったのですが、まぁ仕方ないですね。

そして、やっぱり新しい便座は気持ちがいいです。今度も長持ちしてくれるといいなぁ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Twitt