タグ : フーガ

そろそろ中盤~第九練習

今日は夜、第九の練習でした。

3年ぶりの第九もそろそろ中盤ですが、まだ音取りが終わりません。

前回、副指揮の先生が超スピードでフーガの音取りをなさったのですが、音取りと言いながら、ほぼ最初から歌詞付でどんどん歌わせて最後まで行ってしまったため、経験者はともかく、初めての人たちは相当面食らったのではないかと思われます。

なので今回はメインの合唱指揮者、S先生がフーガの最初から丁寧にやり直してくださいました。

やっぱり、改めて第九は難易度高いなぁ、と感じました。

ドイツ語だけでも敷居高いのに、各パート単独で歌っても難しいメロディライン。これをタイミングをずらして一緒に歌うわけで。

私自身はさすがに4回目ともなると、今回は出る場所も全部覚えていてまず間違えませんが、最初はあちこちで落ちましたもん。

今年の目標は、最後まで力を使い切らずに歌うこと。

毎回、わかっちゃいるけど最後のPrestoまで声が持たないんですよね。
最後は息も絶え絶え、って感じになっちゃう。

最後に出てくるA(高いラ)やB(シ♭)の連続に対応しきれないんです。

ここを、なんとかラクに乗り切りたいものです。

今のところ、フーガの終了時にまだ余力があるので、過去3回よりは良い方向に行っているかもしれません。

12月の本番まで、ほどほどに頑張っていきます。