タグ : ネットスーパー

便利なネットスーパー~アキレス腱断裂日記その10

足を怪我した日に、一緒に病院に付き添ってくれたSさんが、「怪我すると買い物とか不便だから、ネットスーパーを使うといいよ」と言ってくれました。

それまで、存在は知っていても利用したことのなかったネットスーパー。

いや、普通のネットショッピングはかなり活用していますし、生協の注文も基本ネットで行っていますので、そこに抵抗は全くないのですが、スーパーはすぐ近くにいくつもありますし、仕事帰りに買い物に寄るのは苦にならなかったので、利用に至らなかったのです。

とりあえず、身近にいつも利用しているイオン、およびイトーヨーカドーのネットスーパーにアクセスしてみました。

どちらも、思ったより品数が多くて、選ぶのはそれなりに大変です。

問題は、配達料。どちらも5000円以上買えば無料ですが、毎日そんなには買えませんし、私はまとめ買いが苦手なのと、冷蔵庫や冷凍庫がそれほど大きくないので(基本毎日買い物に行くスタイルだったので)、それほど多くない量を頻繁に買うことになります。

配達料を比べると、イオンは一回105円。なかなかお手ごろです。対してヨーカドーは315円。ちょっと一回の料金としてはお高いです。

普段から、一番近所で一番良く利用しているのがイオン系ということもあって、基本はイオンのネットスーパーを使うことにしました。

とはいえ、ヨーカドーも時々「配達料サービス期間」というのをやっていて、そのときには2000円買うと配達料が100円になります。ヨーカドーの「セブンプレミアム」は結構お気に入り商品があるので、その期間にはヨーカドーの利用も考えることにしました。

なお、商品選択画面や配達時間のきめ細かさは、ヨーカドーの方が上かな、と個人的には思っています。

どちらも、使ってみると本当に便利です。

何しろ、その日に注文したものがその日に届きます。

いくら近所でも、自転車利用でも、やはりお米や飲料の大量買いをすると重いです。

お米に関しては今までは基本的に生協を使っていましたが、つい頼み忘れる、ってことがありまして。生協は一週間前に締め切りなので、時すでに遅し、ということで、近所で買うこともそれなりにありました。

そういう意味では、足が治っても、利用する価値があるかなぁと思っています。

ネットスーパー情報を教えてくれたSさんに感謝です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Twitt

松葉杖の生活~アキレス腱断裂日記その8

松葉杖生活になって数日ですが、普通に二本足で歩ける幸せをつくづく噛み締めております。

今回初めて両松葉杖を使いましたが、本当にハードです。

何しろ、左足は決して荷重してはいけないので、全体重を右足一本と杖二本の交互にかけないといけません。

杖に体重をかけるということは、基本両腕にその重さが掛かるということで、ここ10年くらいで格段に増加した体重が今更ながら恨めしいです。

当然ですが、モノが持てません。移動が精一杯。おそらく、これから一人で外を歩くとなったら、両手が空くようにリュックまたはウェストポーチのようなものを常用しないといけないでしょう。

ギプスにヒールがついてからは左足を地面につけてよくなったので(荷重は×)、「左足を常時持ち上げる」という動作が減った分少しラクにはなりました。

でも、ちょっとした段差などでバランスを崩したり、滑るものの上に杖が乗って転んだりと、やはり油断は禁物です。しばらくはストレスですね。
今のところ、続けて移動できるのはまだ300mくらいでしょうか。それでも休み休みでないとムリです。
職場まで1.5km、普通に歩いても20分近く掛かるので、まだ出勤できてません。

そして、家の中は、現在のところ、ハイハイ、松葉杖、イスを伝って移動、の三種類でなんとかやっています。あ、階段の上り下りは、右足で支えて上がって(下がって)は座る、の繰り返しでなんとかしています。なので外で階段を使う勇気はありません。松葉杖でバランス崩したりするとシャレになりませんから。

短距離はハイハイでいけますが、膝が痛いので(サポーターきついし暑いので使ってません)、リビングから玄関まで移動するときは松葉杖を使ってます。

そしてLDKの中は、食卓を囲んだイスを伝って移動します(その外はハイハイかな)。

キッチンに、あまり使わないピアノ用のイスを一番高くして置き、これが洗い物や調理のときにとても役立っています。おかげで食事の支度や後片付けを、100%家族に頼らずに済むようになりました。(物を手に持って運ぶのはムリなので、そこは手伝ってもらっています。)

買い物はネットスーパーやネットショップを大活用中です。

その辺りはまた別に書こうと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Twitt