タグ : ギプス

装具になりました~アキレス腱断裂日記その14

受傷23日目、4度目の通院です。

この日は装具が出来あがってきます。

仕事復帰していましたので、初めて夫の付添は無しで、仕事を上がった後、一人で階下の整形外科に向かいました。

この後PTAの会議が入っていたので、一緒に会議に出る友人が迎えに来てくれることになっていました。

今はネットスーパーの配達時間の関係で、いつもより勤務時間を短縮してもらっていることもあって、整形外科の午後の受付開始20分前には入口前のベンチに並ぶことができました。診察の順番は1番。それでも、リハビリの人たちが時間より早くドンドン入っていくのに対して、装具屋さんの関係か少し待たされてしまいました。

処置室に入ると、この間の装具屋さんがいて、早速前回と同じようにギプスを外してくれました。

その後先生がいらして軽く足を触ると、「今日は靴下持ってきた?」と。

あぁ、言われていなかったけど、朝持ってこようか迷って結局持って来なかったんだった…。

そんな訳で、素足に装具…。

装具

こんな感じ(写真)です。なかなかゴツいです。あ、写真は家に帰って靴下を履いてから撮ったので、素足じゃないですが。

かかとが高くなっているので、足首をしっかり固定すれば、前にも行かないし、アキレス腱が伸びすぎないようになってるそうです。

そして、このかかとの板(?)を毎回一枚ずつ外していくそうです。

装具を付けると、先生が、「じゃあ、杖一本にして歩いてみようか」とおっしゃいます。

え? え? え? 

杖一本?

どうやって歩くんだろう?、ととりあえず杖を一本左腕に持とうとすると、「反対、反対」と。

右腕に杖を持って(わきの下に入れて)、装具を付けた左足を少し外股にして、杖と同時に出して歩くのだそうです。

こ、こわい、怖すぎる…。

ついつい、右腕の杖に思いっきり重さをかけてしまいます。

「腕にかけ過ぎ、もっと体の近くにして。左足のかかとに体重かけて」

え、体重かけて良いんですか? 怖いんですけど。

なかなかうまく歩けなくて、先生の先導で、歩く練習です。

しばらくして少しずつコツがわかってきました。あと、杖の持ち手の位置も少し調整していただいて、歩きやすくなりました。

体重をある程度左足にもかけることで、意外にスムーズに歩けます。

それにしても、こんなに早く荷重できるとは思ってもみませんでした。

装具屋さんが「杖を一本持っていれば、左足には必要以上に重さがかかることはありませんので、大丈夫です」とおっしゃいました。「まだ体重をかけるのが怖いと思いますので、しばらく難しいかもしれませんが、そのうち慣れてくると思いますよ」と。

先生は、何よりお風呂を心配していました。

「まだ動かしたらダメだからね。ホントに気をつけてよ」と。

よく、装具になってお風呂に入れるようになったらマッサージを、とか、動かす練習を、みたいな話を読んでいたので意外でしたが、私の場合まだ受傷して約3週間しか経っていないんですよね。

「動かすなんてとんでもない。装具を外したらとにかくそーっと、だよ」

だそうです。

当然、寝る時もまだまだ固定が必要ですが、このゴツくて重い装具をつけて寝るのは大変だろうと、外したギプスの後ろ半分にクッションをつけて、寝る時用のギプスシーネを作ってくださいました。寝る前に装具を外して、このシーネを包帯で固定して寝ます。

とにもかくにも、3週間のギプス&両松葉の生活はこれで終わりです。

これからしばらく、装具&片松葉の生活です。少なくとも、片手が空いたので色々な意味でずいぶん楽になります。

でも、なんとなくペースが早くて、手術もしていないのに、とちょっと不安ではあるのですが…。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Twitt

装具の型取りをしました~アキレス腱断裂日記その11

三度目の通院は受傷9日目。この日は装具の型を取りました。

もともとの予定ではさらに一週間後だったはずですが、なんとなく、流れで早くなってしまいました。

実はこの日、整形外科に行く2時間くらい前に、玄関の上がり框でバランスを崩して、一瞬ですが、うっかり左足にかなりの体重をかけてしまいました。

その直後はかなり痛かったのですが、しばらくして激痛は治まり、その後はずっと鈍い痛みが続いて、少し心配でした。まぁ、ギプスで固定した状態でのことなので、切れた部分か伸びるようなことはなく、それほど大きな問題ではなかったようです。

この日も平日ではありましたが、夫が仕事を早く上がってくれて、付き添ってくれました。

整形外科に行き、「装具の型取りに来ました」というと、いつになく早く呼ばれました。

処置室のベッドに横になると、しばらくして、装具屋さんがまずはギプスカッターでギプスを切って外してくれます。

結構な音と振動でしたが、丸ノコのような電動カッターで外側を切ると、あとはハサミでジョキジョキと中の綿のような部分と一番下の靴下様のものを切り離し、一週間ぶりに足が空気に触れました。

「アキレス腱を伸ばしてはいけません」と言われましたが、言われなくても怖くて伸ばせません…。この日は痛みがあったこともあって、ギプスが外れた開放感よりも、固定が外れることの心もとなさの方が強かったです。

その後は、足にラップを巻いてから、太い紐を通しておいて(後で切り開く時用でした)、石膏を使ったギプス包帯を巻いて、これを固めて型を取りました。昔のギプスはこんな感じだったそうです。

今までしていたギプス包帯は樹脂製だったのですが、巻いた当初はやはり同じく温かくなって、冷えると固まる、という感じでした。

これが固まると、先ほど通したヒモに沿ってカッターで切り開き、これを元に装具を作ってくるそうです。

この装具が出来上がるのが二週間後。それまでは再度ギプスで固定し、その後装具に替わります。装具になると、杖が一本はずれ、そのうち杖そのものも外れるそうです。

身軽にはなりそうですが、外すこともできるということで、油断するとギプスより危なそうですね。この日のようなことがあると、再断裂の恐れがありそうです。

その後先生がいらっしゃってギプスの巻きなおし。

今までと比べて、ほんの気持ちだけ、腱を伸ばした状態で固定になりました。
「少しでも伸ばせるようにしておかないと、リハビリがきついから」とおっしゃってました。
昼間のことも言いましたが、先生は特に問題にしていなかったようです。

次回は二週間後。装具の出来上がる日です。
それまで、またヘマをしないように気をつけて過ごします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Twitt

シャワー用便利グッズ購入~アキレス腱断裂日記その7

足を怪我して困ったのは入浴です。

もちろん受傷当日は控えましたが、何日も清拭だけでは気持ち悪いですし、何より髪を洗いたい。

整形外科では、ギプスを濡らさなければシャワーを浴びていいです、と言われましたが、濡らさないようにするのが大変そう。

で、2日目くらいにネットで読んでいた体験記に出てきた「シールタイト」を注文してしまいました。

本当は、「もったいないかな?」とも思ったのですが、夫が「ただでさえ不自由なのに、シャワーのたびにビニール袋用意するとか大変だろう。それで手間が減るなら使えばいい」と言ってくれたので、早速アマゾンさんでポチ。

届いたのは月曜日でしたが、もう5日もシャンプーできていなかったので、嬉しくて午前中にシャワーを浴びてしまいました。

足を入れる部分はゴムの蓋がついているので、ピッタリ密封して水は入らないようです。でもやっぱり心配なので、浴槽のフタに左足を乗せる感じでシャワーを浴びてみました。

が、お風呂のイスは低くて、かなり無理な体勢に…。

とりあえずはそれで何とかしましたが、前かがみにはなれないし、結構つらいものがありました。

そう夫に言ったら、今度は「じゃあもう少し高いイスを買おう」。

夫が言うには、もともとビッグサイズの夫には今のイスは低すぎて、普段から苦しい体勢だったのだそうです。確かにそうかも。「苦しそうだなぁ」と思いつつ、そこでイスを換えようとは思い至らなかったのですね。頭固いなぁ、自分。

という訳で、またネットを漁って介護用のバスチェアーを買いました。

昨日ようやくそれが届き、使ってみました。

イスが高くなったので、足を浴槽の上においても苦しくありません。今回は背もたれがあるので姿勢が多少後傾しても倒れる心配がありません。おかげで快適にシャワーを浴びられます。

まだまだ先は長いので、減らせる不便は少しでも減らすが吉ですね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Twitt

二度目の通院~アキレス腱断裂日記その6

受傷4日目の10/5、二度目の通院。

この日はギプスの様子を見たいので、ということで夫の付き添いで受診しましたが、土曜日ということで診察がかなり混んでいて60分待ち表示が出ていました。

ちょうど職場から「寄ってください」とメールが来ていたので、受付を済ませた後、先に事務所に行って簡単なPC作業をしてから医院に戻りました。

戻ると程なくして呼ばれたので、ちょうどいい時間つぶしだったかも。

先生は足の具合を確かめて、「あんまり腫れてもいないみたいだし、問題ないね」とおっしゃいました。

そして、「装具はどうする?」と聞かれたので、「お願いします」と。

この間、夫と話し合って、多少お金が余計にかかっても、装具は使ったほうがよさそうだね、という結論に達したので。ただ、保険であとからいろいろ戻ってくるとはいえ、一時的に全額出さないといけないので、金策には少々苦労しそうです。

次回は装具屋さんが来る木曜日に、型を取るため受診予定ですが、確か初診のときに、二週間後の17日、と言っていたはずなのに、一週間早まって10日になってしまいました。そんなに早くて大丈夫なんでしょうか? ちょっと不安だったりします。

この日は小雨模様でしたが、松葉杖だと傘がさせないので不安でした。

止み間を縫って移動しましたが、歩いている途中で、濡れた側溝の蓋で杖がすべって転んでしまいました。

勢いはなかったのでケガもしなかったし、夫が近くにいたので助け起こしてくれましたが、やっぱり気をつけないといけませんね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Twitt

別の整形外科へ~アキレス腱断裂日記その4

受傷当日、家に帰り着くと、その日は食事もそこそこに、汗だけ拭いて着替えて寝てしまいました。

翌朝、まずは職場にメールを入れて、アキレス腱を切ってしまったこと、とりあえず今週いっぱいはお休みすることを伝えました。

また、夫とも相談して、職場のビルの1Fに入っている整形外科にかかることにしたので、診察が終ったら顔だけは出しますとも書きました。

そして、息子はこの日はコンビニでお弁当を買ってきて、お弁当箱に詰め替えて出かけました。息子の中学は、たとえ菓子パンでも、買ってきたものをそのまま持っていくのが禁止なのです。

夫は休みを取ってくれて、病院に付き合ってくれることになっていました。

そして、9時半過ぎに、タクシーを呼んで職場下の整形外科に行きました。

ここはつい最近移転してきたばかりの新しい医院で、リハビリ施設が充実しているせいか、待合室はお年寄りでいっぱいです。でも、ほとんどがリハビリの患者さんで、診察待ちの人はそんなにいないので、それほど待たされないかな?、と期待したのですが、やっぱり30分くらいは待たされました。

診察室に入って、簡易ギプスに巻いた包帯をとって寝かされていると、先生がやってきて、問診票を見て、「あ、市立病院いったんだね? 何て言われたの?」と聞くので「アキレス腱が切れてるって言われました」と答えると、おもむろに足を持ち上げて確認。「あ、ホントだ。切れてる」「じゃあ、レントゲン行こうか」ということで、またレントゲンです。

今回は2枚だけ撮りました。その後また待合室でしばらく待ち、今度は処置室に通されました。

またしばらく待ってから「お待たせしてすみません」と先生がやってきたので、今後のことを相談しました。

「手術はしてもしなくてもいい。ただ、しないほうが、後がいいね。特に女の人は、夏に素足にサンダルはいたりすると、傷の部分が摺れてケロイドになったりするし。スポーツをバリバリしたいなら別だけど。」

とのことで、手術しないほうが多少ギプス期間が延びるそうですが、しない方で行くことにしました。

すると、さっそく薄い靴下のようなものを履かせてくれながら、「これから大変だよね。2ヶ月はギプスだから」と。「ただ、金に糸目をつけないなら、途中から装具にすることもできるよ。」とおっしゃいます。装具、高いそうですがあとで7割戻ってくるし、QOLがかなり上がるそうなので、心が動きます。

その後は包帯状のものをグルグル巻き始めたのですが、どうやらこれがギプスらしく、温まったと思ったら固まっていくようです。途中で先生が慌てて「あ、ちょっと急いでうつぶせになって」とおっしゃるので、うつぶせになると、土踏まずの辺りに「ヒール」をつけてくれました。

ギプスを巻いた足

その後、市立病院で借りた松葉杖の調節を見てくださり(こちらは1か月分先払いしてあり、使用料が少し安いというので、そのまま借りて使うことにしました)、修正していただいて、ヒールの使い方(体重をかけてはいけないけれど、地面につけて良いとのこと)を教わって歩いてみると、それまでと比べて格段に歩きやすくなりました。

その後職場に顔を出して事情を説明し、急ぎの仕事の引継ぎなどをしました。
私の受ける会社宛の問い合わせ等のメールは別の方に転送することにしたり、やりかけていた急ぎの仕事をササっと片付けたり。

パートとはいえ、会社にもご迷惑をおかけします。

歩きやすくなったので、少しでもタクシー代を減らすため、駅まで歩いて(健常者なら徒歩5分以内)タクシーに乗って帰宅しました。(駅からなら1メーターなのですが、整形外科の前までつけてもらうと、一方通行だらけということもあって結構上がってしまうのです。)

なお、前日に高くてびっくりした市立病院の支払いは、間違いがあったとかで返金の連絡がありました。結果的にはあまり変わらない額になりましたが、あちらは方角が職場と完全に逆なので、替わったのは正解だと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Twitt