カテゴリー : MovableType

MTOSに傾き中…

仕事で作っている某サイト、MTOSでの作業が佳境に入ってきました。

壱さんのプラグイン「AnotherCustomFields」でのカスタムフィールド追加作業に慣れてきて、どんどん思うようにページの編集ができるようになり、一気に作業が進みました。本当に素晴らしいプラグインに感謝感謝です。

現在PC版は9割方完成したので、次は携帯/スマホ対応をしないといけないのですが、それがちょっと憂鬱です。

でも、せっかくCMSを使うのですから、できることならひとつの項目は一箇所に入力すれば全部勝手に出力されるところまでもって行きたいです。

今まではレガシーなサイトで、全てのページをひとつひとつhtml手打ちで更新しており、その作業そのものはそんなに大変ではないのですが、同じことを何度も打ち込むことになり、結果一部更新がもれてしまったり、上書き更新で前のデータが残ってしまったりしていました。

テンプレートやCSSの作りこみは正直すごく大変ですが、できたテンプレートにちょこちょこっと入力して再構築すると、思ったとおりの完成したhtmlが吐き出されてくる、というのはなかなかの快感です。あともう少し、頑張ります。

ここまで来ると、もうひとつボランティアで作りかけて放置している某サイトも、やっぱりMTOSにしようかと心が揺れています。

単純なブログであれば、明らかにWPのほうが良いと思うのですが、CMSとしての作りこみの過程から学ばなければならないと思うと手が止まってしまうんですよねぇ。

作っていくのはすっごく大変なんですが、タグや挙動を理解しているという意味ではやっぱりMT系の方が進めやすいかなぁ、なんて。

ただ、後のバージョンアップとかを考えると、MTは簡単じゃないんですよねぇ。もうちょっとWPを予習してから手をつけようかな…。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Twitt

カスタムフィールドに入力した値を自動計算する

昨日の続きです。

なんとか、壱さんのプラグインを使ってカスタムフィールドを追加するところまでやってきました。

config.yamlを書くのは一見難しそうですが、サンプルを頼りに書いて行ったら、思ったより簡単に追加できました。しかも、複数フィールドを一気に追加できるので、ある意味商用MTよりラクかもしれません。

さて、フィールドを追加するときに、実は面積のフィールドが必要なのですが、以前だったら平米表示と坪表示で、それぞれに数字フィールドを設定していました。

でも、考えてみたらMTだってDBを使ったシステムな訳で、だったら自動計算できるんじゃないの?、と思い立ち、いろいろ調べてみたところ。

MT3.xまでは、これまた壱さんの作られたプラグインが活躍していたようなのですが、どうやら4.x以降はMTVar(MTSetVar)タグにopモディファイアを付けることで簡単な自動計算が可能になっていたのですね。

だったら入力項目は少ない方がいいし、平米表示の数字を入れたら、そこに自動で坪数表示もできるようにしよう、ということで。

出力用テンプレートを書いていく時に、以下のようにタグを挿入しました。
ちなみに「EntryRoomWidth」はカスタムフィールドです。

<mt:SetVarBlock name=”r-width”><$mt:EntryRoomWidth$></mt:SetVarBlock>
<$mt:GetVar name=”r-width”$>m<sup>2</sup>(<$mt:GetVar name=”r-width” value=”0.3025″ op=”*” regex_replace=”/(\d*)\.(\d*)/”,”$1″$>坪)

これで無事に、40平米のものなら、「40m2(12坪)」と表示されました。

まだまだCSSや項目の目次まで届きませんが、今日はここまで。

カメの歩みではありますが、少しずつ、進んでます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Twitt

ウェブサイトとブログのややこしい関係

超久々に、MTOSとガッツリ格闘しています。

職場の方で、年末年始の作業が一段落し、本格的に某サイトの再構築に取り掛かっているのです。

以前はずーっとMT4.xでサイトを組んでいたので、5.xになって最上位にウェブサイトがあり、そこにブログが紐付いているという感覚がまだしっくりきていませんでした(超・今更ですが)。

なので、まずはナビゲーションバーを作るので四苦八苦。

というか、タイトル部分に一番親のウェブサイトトップページをリンクさせ、さらにそのすぐ下にグローバルナビゲーションバーを置く、たったこれだけでもう大変でした。

何しろ、「mt:Websites」と「mt:BlogParentWebsite」の違いも分からなかったので。

あ、当然ですがこのナビゲーションバーはモジュールにして共通化しています。できればグローバルテンプレートにしたかったのですが、条件分岐がかえってややこしそうだったので、すべてウェブサイトに置いて、そこから「mt:include」で引っ張ってくることにしました。

ただ、そのナビゲーションバーで、現在いる場所のボタンは表示を変えるようにしたかったのでまた苦労しました。例えばウェブサイトトップにいるときは「HOME」ボタンの色が変わる、という感じです。

最初はモジュールそのものを「mt:BlogParentWebsite」でくくってしまったので、子ブログのトップに行ってもここが変わってしまい往生しました。

最終的には、「mt:BlogID」を使うことと、「mt:BlogParentWebsite」を必要最低限の部分で使うことで解決しました。

いろいろ悩んだのですが、結局のところ、ブログを指定してやればウェブサイトでも通用するけれど、逆はダメということのようです。

実はそこからドロップダウンにしてサブメニューも出したいのですが、まだそこにたどり着きません。

とりあえず、大きな項目をそれぞれのブログにして、最初のブログ構築にようやく入りました。

と思ったら、これはMTOSなので純正のカスタムフィールドは使えないんですね。ここでようやく、ずっと以前に入手した藤本 壱さんのプラグインの出番です。

これはこれで手ごわそうなので、また日を改めて頑張ってみます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Twitt

WordPressを1ヶ月使って思ったこと

WordPressでブログを書き始めて1ヶ月が過ぎました。

MTやアメブロと比べて、感覚的に一番更新しやすいと感じています。

自分の中では、ブログは自分の欲しい機能が揃っていてほしいし、デザインも自分好みにカスタマイズしたい(←でも一から作るのは面倒なので出来ればカスタマイズ可能なデザインが簡単に入手できるとありがたい)など、わがままな要求が結構あるので、既存のサービスは大抵物足りないのです。

なので最初はMTを使っていました。

カスタマイズが楽しくて、文章を書くよりカスタマイズする時間の方が長かったかも。

とりあえず、他に手を出さなかったので、当時はいわゆる不便な部分を不便と感じずに過ごしていました。まぁ、不便な部分も裏を返せば愛着に繋がりますから。

その後諸事情でそこを閉鎖して、なんとなくユーザーが多く(特に有名人が多くて、ミーハーな私はそのあたりのブログを結構読んでいるので)、読者として使いやすそうだったアメブロに移りました。

アメブロは、ユーザ同士のコミュニケーションが取りやすく、記事の更新そのものはしやすかった(WPと同じように、ブログと管理画面がシームレスなのは良い)のですが、カスタマイズ好きの私にはどうにも我慢ならないことが多かったですね。

何よりも、ユーザを囲い込もうという意識が強すぎて、その辺についていけなくなりました。ユーザ同士でコメントしあったり、ブログをチェックしたりはすごく良いのですが、外の人のことは一切考えていない感じが。

さてWordPressですが。

気に入っている点は、

  • テーマはそこらじゅうに転がっているので、ある程度気に入ったものを選べます。
  • 文字回りはCSSが自由に書き換えられるので問題ありません。
  • ダイナミックパブリッシングで再構築のストレスがありません。
  • プラグインがすごく充実していて、しかもインストールが簡単。

という感じで、ある程度のカスタマイズはプラグインで簡単にでき、デザイン回りもCSSまでは無理なく編集できるのがありがたいです。

MT時代にはひとつプラグインを入れようと思うと、設置にかなりの時間を取られましたが、WPについては、思い立ったら検索して「インストール」ボタンを押せばほぼ終了。

そんなふうに、カスタマイズをしながらも文章を書く時間も確保できる、というのが使いやすく感じる理由かな、と思います。

ただ、実はもう一段階踏み込んでカスタマイズしたいと思うようになっています。でもそこはまだ、私の中ではWPのブラックボックス部分です。

ここまで来て、もう少しWPについて勉強してみたいと思うようになりました。

どうやら、WPでのサイト作りはまだまだ可能性がありそうだし。

「慣れている」という理由だけでMTにしがみつくのがもったいない気がしてきました。

この年で新しいものに手を出すのはかなり冒険ではありますが、手を出さずに不便な方法に甘んじているのも、ねぇ。Illustratorがそうでしたし

と言う訳でもう少し勉強しながらWPを使って行きたいと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Twitt

CSSでドロップダウンメニュー

MTOSでのサイト作りがなかなか進みません。

ライセンス版のMT4では、デフォルトでトップ画像下にナビゲーションバーのあるウェブサイトテーマが入っていたのですが、MTOS5にはありません。

無料テーマをいろいろ探しているのですが、ウェブサイト用テーマとなると、なかなか「これ」というものが見つからず、良いものはそれなりの価格だったりして、悩ましいです。

何しろ、お金の取れないサイト作りなので…。労力はある程度かけても、あまりお金はかけたくないんですよねぇ。(時間がかかる方が実はコストが高いのかもしれませんが。)

こうなったら、自分でガシガシとHTMLやCSSを書いていくしかないんでしょうねぇ。

幸い、ありがたいことにサンプルソースを公開してくださっている方がWeb上にたくさんいらっしゃいますので、自分の希望に近いものを拝借して、あとはカスタマイズしていくのが良いのかな、と思っています。

とりあえず、今ほしいのはドロップダウンメニューつきナビゲーションバー
できればCSSだけで実装したいと思っています。

検索するといろいろ出てきますが、こちらの解説がわかりやすかったので参考にさせていただきます。

 ezorisu-web » CSSでドロップダウンメニュー

ただひとつだけ、これがなかなか見つからないのですが、該当ページにいるときはそのメニューの色が変わるようにしたいんですよね。

ライセンス版MT4では、条件分岐でクラスに”on”と”off”をつけることで実装していたのですが、今ソースを見てもかなりややこしくて解読に苦労しています。

うまく解読できたら、今度のサイトでも実装してみたいと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Twitt

MTで拡張子をphpにした時のエラー

毎回つまづくので覚え書き。

MTでphp includeを使いたいのでファイルの拡張子設定をphpに変更する際、テンプレートの一行目にxml宣言(<?xml version=”1.0″ encoding=”<$MTPublishCharset$>”?>)が入っているとエラーになって表示できません。

エラーメッセージはこんな感じ。

Parse error: syntax error, unexpected T_STRING in ~…

以前は強引にこの一行目を削除したりしていたのですが、せっかく文法通り書いてあるのに消すのもおかしな話。

なので解決法を探したところ、こちらに原因と解決法が。

PHPのShort tagでエラー (Parse error: syntax error, unexpected T_STRING) | MEMO-LOG.

結局のところ、最初の「<?」部分をphpがスクリプトと勘違いして止まってしまうようです。

上記記事を参考にさせていただき、一行目を

<?php echo ‘<?xml version=”1.0″ encoding=”Shift_JIS”?>'; ?>

に書き換えたところ、無事表示できるようになりました。

やっぱりめんどくさがらずに一個一個解決しないといけませんね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Twitt

さくらインターネットの『クイックインストール』

今さらですが、さくらインターネットのレンタルサーバでは、MTOSとWordPressはコントロールパネルから簡単にインストールできるのですね…。

いやいや、仕事で作る予定のサイトで、FTPソフトを何度もストップさせながらMTOSのファイルをようやく全部アップロードしたものの、なぜかmt.cgiにアクセスすると500エラー。

なぜ?、と思ったらパーミッションが644。

えー、確か自分でcgiとphpは全部勝手に705になるよう設定してあったはずなのに。 その設定が外れていました。

cgiは少しだけでしたが、phpファイルの量が膨大でちょっと呆然。

でも、たぶんphpの属性を変更する必要はないのよね?、と期待しつつも、確かさくらってphpファイルは705(755)じゃないとダメだったような…、と恐る恐るさくらインターネットのオンラインマニュアルを眺めていたら…。

なんとコントロールパネルの「クイックインストール」項目に、XoopsやWordPress、MTOSなどがあることを発見。

あのFTPアップロードの苦労は何だったの?、と思いつつも、これはこちらを使ったほうが確実だと思い直して、アップロードしたファイルを全部削除。

改めてMTOSのバージョンを確認してから、コンパネからインストール。

なんと10秒くらいでインストール完了。

もっと早く気付けばよかったです。

自分のサイトも考えてみたら「さくら」だったし。なんか時間を無駄にしたような感じ。

ちなみに、記憶していたとおり、さくらインターネットではphpファイルの属性は705(755)じゃないとダメですね。やはり、大量にアップロードするときはあらかじめ設定しておいたほうが良いです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Twitt

MTOSサイト作成への第一歩

最初に書いたとおり、仕事で作るサイトはWPとMTOSとどちらを使うか、まだ決めかねています。

WPはまだ中身がほとんどわからないので、ちょっとしたことにもストレスがたまります。(始めたばかりなので当たり前ですが)

MTOSのほうは、テンプレートの構造やタグの使い方などがわかっている分、とっつきやすく感じます。

でも、カスタムフィールドが作れなければ、目指す管理画面は作れません。

目指しているのは、HTMLやCSSの知識のほとんどない人たちでも、迷わず必要な情報が入力できて、結果、統一された見やすいレイアウトで表示できることです。

そのために、テンプレートと管理画面を作りこまないといけません。

まだWPの方はその入口にすら立っていないのです。

一応本は買ってあるので追々学んでいく予定です。

前置きが長くなりましたが、ここでタイトルの話です。

MTOSでそういうサイト(管理画面)を作るには、カスタムフィールドが使えないと話になりません。

というわけで、定番のプラグイン「AnotherCustomFields」を入れることにしました。

が、このプラグイン、商用MTのフリープラグインとは一味違って、自分で設定ファイルを書かなければなりません。私程度のユーザーには相当ハードル高いです。

しかも解説書は有料(9,800 円)です。

でも、解説書なしには絶対使えません。何しろ、設定ファイルのサンプルを見ても意味がわかりませんから。

という訳で解説書、購入しました。いや、作者の壱さんには以前から相当お世話になっていますので、感謝の気持ちを持ってお支払いしました。

オンライン書籍なので、申込から受け取りまで、すべてPC上でのやりとりです。

入金の報告をして一時間くらいで、PDFが「宅ふぁいる便」で送られてきました。

100ページ以上のボリュームのPDF書籍。読みでがありますが、サーッと流し見したところ、ひとつずつ丁寧に解説されていますので、この解説書と首っ引きで設定ファイルを作っていけば、商用MTよりもいい感じでカスタムフィールドを作っていけそうです。

まずは第一歩を踏み出しました。

でもその前に、サイトの構成を練らなくては。いつも行き当たりばったりで作って後でゴチャゴチャになってしまうので。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Twitt