カテゴリー : 合唱

中学最後の合唱コンクール

もう先週のことになってしまいましたが、中学校最後の合唱コンクール、無事終了しました。

本来ならば裏方として朝からバリバリ働くはずでしたが、松葉杖使いではそれは叶うはずもなく。

「早く行っても役に立たないけど行った方がいいですか?」と事前に他の委員さんたちに尋ねたところ「いてくれた方が心強い」ということでしたので、一応行ったものの、案の定ただの足手まといでしたorz。

何しろ、バリアフリーとは程遠い段差だらけのホールですし、片手しか空いていないのでロクに物も運べないし。

そんな訳で、皆さんが走り回っているのを指をくわえて見ているだけの一時間でした…。

その後休憩をはさんで、保護者コーラスのリハーサル。

試しに一緒に並んで歌ってみました。

段差は怖いので、皆さんが並んでいる段の下の平土間、一番外側に一人立ってw

片手は空いているし、立っている分には松葉杖も、脇に置いてあるだけ、という感じなので、めくりもできるしちゃんと歌えました。

問題は、息子から杖を持っての出演はNGが出ていたことですが、周りの方が口をそろえて「一緒に歌いましょう」「子どもに反対されてるのは私もだから」みたいに言ってくださったので、この時点で参加を決意。

一つだけ、客席からステージへの移動時間が問題でしたが、そこは3年生の最後のクラスを聴くことを諦めることで解決しました。

そしてコンクール本番。

1,2年生の演奏時間は、ひたすら受付。このくらいしか仕事できないし。

保護者の皆さん、多くの方が自分の子どもの学年(orクラス)しか興味がないようで…。まぁ、それが普通なんでしょうね。

そして、3年生の時間は、ホール後方の車いすスペースで鑑賞。(ホール備え付けの車椅子を借りていました。)

息子のクラス、自由曲が難曲で、すごく苦労している話を聞いていたのでハラハラしましたが、思いのほか良い出来で感動しました。ただ、次のクラスの方が上手でしたがw

3クラス聞いたところで後ろ髪を引かれながら退場して舞台袖へ。2年生母の委員さんが介助してくれました。

そしていよいよ保護者コーラス本番。

やっぱり大ホールのステージは気持ち良いです。
今回、もし出るとしたら楽譜をめくる余裕がないかも、と思っていたので、ほとんど暗譜していました。なので顔をあげて、笑顔を心がけて歌いました。
初めて自分で選曲したステージ。楽しかったです。

コンクールの結果、息子のクラスは1位にこそなれませんでしたが、出来が良かったので本人も満足していました。(私が出たことに関しては少し怒っていましたが、保護者コーラスは良かったと3年目で初めてほめられました。)

終了後はまた撤収でバタバタしたものの、なんとか無事に終了。

これで、私の委員長としての仕事も一段落です。

あとは怪我を治すのみ、かな。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Twitt

PTAコーラス練習開始

PTAコーラスの練習が始まりました。

私が委員長をしている委員会の最大イベント、合唱コンクールに向けていよいよ始動です。

本来私は指導をする予定だったのですが、予期せぬケガによって本番のステージに上がることはもちろん、毎回の練習参加も危うい状況になってしまったので、急遽、昨年指導してくださった方で、今年も合唱に参加を申し込んでくださった方にお願いしました。

実はその方には募集の前にも一旦お願いしたのですが、丁重にお断りされてしまったのでした。

でも、練習開始一週間前の受傷に、途方にくれた感じでお願いしたところ、今度は快諾くださって、本当に助かりました。

そして一回目の練習は、連絡事項もたくさんありますし、なんとかして行きたい、ということで、委員さんの一人に送迎をお願いして、無事会場に行くことができました。

その前に、音取り音源は無事完成し、希望者には配布済みでしたし、ケガをする前に、楽譜も無事準備完了していたのは幸いでした。

本当は、今回楽譜も凝ったんです。ちゃんと両面印刷の中央綴じにして、中表紙もつけたし、裏表紙裏に歌詞ページも作って。Y先生の手書き譜もちゃんとスコアメーカーとIllustratorで清書しましたし。

これだけ力を入れて準備してきただけに、悔しいものがあります。でも後は、もう体を使う仕事はできないので、副委員長さんを中心に、委員さんたちにお任せして、無事コンクールが終了するまで、お仕事していただかなくてはいけません。

何はともあれ練習です。

最初に指導の方に、私の中で勝手に決めていたことをお知らせして、お願いしました。

具体的には、ソプラノのオブリガートと、最後に三部になる部分で、省略しても良い音符を小音符にしておいたので、基本的にここは無視して指導してほしいこと。

オブリガートは小学校のコーラス仲間で経験のある人を数人私が指名してお願いするので、基本、他の人は全員メロディーユニゾンでお願いします、ということ。

最後の三部の一番下のパートは、編曲者から「二部の際は省略してよい」という指示のある音なので基本はナシだけれど、昔このパートを歌っていた人が何人かいるので、うっかり出てしまったらそれは構わない、というようなお願いです。

今回は選曲もスケジュール調整も全部自分の都合でしてしまったので、指導をお願いしたTさんには本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。

でも、心配していたよりも音取りはかなりスムーズに進み、心配していたNコンの課題曲「ふるさと」も、この日のうちに音取りが終ってしまいました。

音取り音源を用意したり、入念に準備した甲斐がありました。

まだ練習は3回ありますので、なんとか形になりそうでホッとしました。

私自身は、受傷当時、本番ステージは無理かな?と本気で思っていたのですが、少しずつ動けるようになってきて、何とかステージに上がれないかと今は考えています。

どうやら本番の頃には装具になりそうなので、小さな杖で立てるようになっていれば、楽譜は持てなくても歌えるかもしれません…。

しばらくは、ここを目標にして頑張ろうと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Twitt

某合唱団の練習を見学(体験)してきました

連載はまだ終わっていないのですが、ちょっと一休みです。

先日、息子の所属合唱団の父母の会総会があり、今年度の新体制が発表になりました。

私は今年も渉外・宣伝係を仰せつかり、基本はweb関係を担当するのですが、昨年は同じ係の中でも先に役割分担があって、それ以外は預かり知らないような状態だったので、今年は最初に顔合わせをして、全員で情報を共有しましょう、ということになり、その顔合わせ兼打ち合わせがありました。

いやいや、私は二年目だと言うのに、この係の守備範囲の広さには驚くばかりでした。それこそ、自分が関わった仕事であってもピンポイントにしかわかっていなくて。

でも、今年は熱心なメンバーが集まったし、情報共有の手段も確保したので(具体的にはFBのグループとドロップボックスでのファイル共有)、今年はもう少し他の仕事にも関われるかなぁ、という感じです。

さて、本日の本題はここからです。相変わらず前置きが長いですね…。

午前中から集まって結局ランチタイムまでかかって打ち合わせ。その後流れで雑談になってしまい、気がつくともう昼下がり。

その日はこの合唱団の母たち(OBの母含む)の合唱団が練習するというので、見学させてもらうことにしました。

この母たちの合唱団には、もう何年も前から興味津々だったのですが、基本仕事のある日で、通うには少し遠いし、費用もそれなりにかかる、というのでずっと遠巻きに眺めていたのです。

こんなタイミングはなかなかないので、たぶん入れないけれど今回だけでも、と練習に参加させていただきました。

こちらのご指導は昔息子が低学年の頃にお世話になったソプラノ歌手のS先生。

本来は息子の団の団長先生がなさっていたはずですが、今はすっかりお忙しくなってしまわれたので、代わったのでしょうね。

そのせいか、扱っている曲も、普通の邦人作曲家による女声合唱曲でした。確か、子供たちが歌っている宗教曲を、母たちも歌って理解しよう、というのがコンセプトだったような気がするのですが…。まぁ、指導者が代われば方針も変わるのでしょう。

以前はもっと人数も多かったはずですが、今は10人程度だそうです。この日の練習は私を入れても8人。三部合唱には厳しい人数です。

内容は、呼吸⇒発声⇒コンコーネ50番(!)⇒曲という順番でした。

それでも、さすがS先生はプロですね。

発声にしても曲の指導にしても、的確ですし、わかりやすいです。

少人数なので、ヴォイトレのグループレッスンを受けているようでした。

そして合唱曲。

今回はソプラノに入れていただきましたが、現代曲だけあってなかなかの難曲。特に和音が複雑で、メゾやアルトは音を取るのも大変そうでした。

私自身は、お隣に合唱の大ベテラン、Tさんがいてくれて助かりました。

それでも、フレーズの流れは素直で歌いやすく、息が足りなくなることもなく、あぁ、オペラアリアに比べたらなんて易しいのだろうと感じてしまいました。

久々に合唱をしてみて、みんなで声を合わせて歌うのは楽しかったです。やっぱり、合唱、好きですねぇ。

メンバーの皆さんは良い方ばかりで、当然熱烈なお誘いも受けました。

入れるものなら入りたい気はするけれど、後で冷静に考えると、難しいんですよね。遠いし。

まぁ、ここは息子が卒団しても続けられるところなので、もう少し先に行ってから考えてもいいかな。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Twitt

何にしようかな…

新年度が始まったと思ったらもうGWが近づいてきてしまいました。

学校では、この間、恒例のPTA役員決めがあったり、家庭訪問があったり。

で、私は義務教育最後の年に、PTAの某委員会で委員長を務めることになってしまいました。

少々荷が重い気はしますが、せっかく引き受けたので楽しく仕事をしたいと思っております。

さて、その委員会での一番目玉の仕事と言えば、「合唱コンクールの裏方」および、当日披露する「保護者コーラスの募集・練習等の仕切り」です。

もちろんそれだけではないのですが、他のいくつかのイベントはそれぞれの担当班に分かれ、各自が計画して実行して行ってくれるようなので、委員長の私はその経過や反省等をまとめて実行委員会で報告するだけで(もちろん参加もしますが)良いようです。

メインの合唱コンクールに関しては、自分が先頭に立っていろいろ決めていかなくてはならないので、今から楽しみなような不安なような…。

とりあえずは、伴奏者に立候補してくださった方がいたので一安心。

指導の方は、息子のピアノ&歌の先生が今年入っていらしたので一応お願いしてみたのですが、あえなく却下。見渡したところ合唱経験者も他にいなそうなので、どうやら自分ですることになりそうです…。

目下の関心事は選曲。

練習は4回しかないので、難易度の高いものは選べません。

でも、せっかくなので自分自身が楽しく歌えそうな曲を選びたいです。

今まで歌ってきた合唱は、ことごとく自分とは関係ないところで曲が決まって来たので、主体的に選曲できる機会なんて最初で最後かもしれません。

もうそれだけでワクワク。もちろん他の委員さんたちの意見もお聞きしますが、決定権は私にあります。いろんな楽譜眺めて、あぁでもない、こうでもない、と考えるのは実に楽しい。

さて、どれにしようかなぁ…。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Twitt

少年たちの合唱

息子の所属合唱団の定期演奏会が無事終了。

今回はいつも通りプログラム広告の準備とか、Web告知などの作業こそ関わりましたが、練習期間も一度も顔を出さなかったし、当日のお手伝いもなかったので、完全に一聴衆として楽しませていただきました。

考えてみたら定期演奏会は久しぶりです。

一昨年は震災の影響でホールが使えなくなり中止。昨年は演奏旅行があったので開催されず。

子どもの合唱団なので、3年開くとメンバーの入れかわりや成長でずいぶん様変わりします。

息子もすっかり声変わりしてしまいましたし(でもまだソプラノで頑張っていますが)。

この少年合唱団の目玉はやはり小学校高学年のボーイソプラノ。息子も小学生の時は毎年のようにソロを歌っていましたが、今回は練習そのものもあまり出られていないのでソロは無し。この間まで「ちっちゃい」と思っていた子たちが立派にソロを務めていました。

でも、実際に合唱を支えているのは変声後のMクラスなのだな、と今回実感しました。

男声アカペラ合唱はゾクゾクするほどきれいだったし、ソプラノアルトだけの合唱では今一つ安定しなかったハーモニーが、男声が入るだけでキリッと引き締まる。もちろん、小学生と中高生の精神的・身体的な差はあるでしょうが、お兄さんたちの支えでボーイソプラノはより光ると感じました。

普段の演奏会では聴けない幼稚園や小学校低学年の合唱も相変わらず可愛らしく、微笑ましかった。メンバーはもう3年前とはほぼ総入れ替わり。可愛い時期はすぐに去ってしまうんですね。

最後の最後は幼稚園児から高校3年生までが一堂に会して全体合唱。エルガーの『威風堂々』でしたが、迫力満点で素晴らしかった。幼稚園の子も英語の歌詞を頑張って歌ってました。

息子は今年受験生になるので、もう少しすると団をお休みすることになります。1年後、晴れやかな気持ちで帰って来られるといいな、と、一学年上の先輩たちを見ながら思いました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Twitt

第九が無事に終わりました

第九、無事本番終了しました。

前日夜の最終リハーサルから当日の本番、打ち上げまで、怒涛の1日半でした。

最終リハからはソリストが加わり、「いよいよ」感が高まりますね。

今回の指揮者の先生は、なんとなく気になるところをテンポ良く、ユーモアを交えつつも時には厳しく、と的確に修正していってくださいました。かゆい所に手が届く感じがとても心地よかったです。

私はと言えば、前週に引き続き、良い感じの緊張感保持と省エネができていた気がします。

喉はそれほど疲れないのだけれど、呼吸や出るタイミング、ディナーミック等、それなりに気をつけて行けた感じ。自分でも驚くほど、ブレスが要らなくて、長いフレーズが結構一息で歌いきれたりしました。(万一途中で無くなっても焦らずに済むのが合唱の良いところですし。)

と、どうやらいい感じで行けそうだ、という手応えを感じる最終リハでした。

そして当日。

本番がマチネなので、朝は10時には発声です。

以前に別の曲ですが、ゲネプロで全力を出し尽くしてしまって本番撃沈したことがあるので、今回はその轍を踏まないよう、「ほどほど」を心がけて参りました。

お昼休みは支給されたお弁当(結構豪華)をいただき、着替えてメイクをすればもうすぐに本番です。

大ホールの開場時間には待機場所の小ホールに移動し、そこで直前発声、というか副指揮者の最終チェックを受け、呼び出しがかかるのを待ちます。

いつもは第九の前に小曲の前プロがあるのでこの時間はもう少し余裕があったように思うのですが、今回は第九のみの演奏会ということで、開演するとすぐに第一楽章が始まり、第一楽章が終わるともう舞台袖へ移動、と結構慌ただしかったです。

私はのど飴を一個舞台袖に持ち込んで、ステージに移動する直前に口に含んで入場しました。舞台の上、乾燥しますし、第三楽章~第四楽章前半部分だけで30分ちかくありますから。

ステージに上がってみると会場はほぼ満席で、すごい熱気でした。

ただ、第三楽章はずっと立って聞いているのですが、いつものこととは言え、この時間が結構つらいですね。心地よい音楽ですし。私、立ったまま寝そうになるのを必死でこらえておりました。いや、立ったまま寝て膝が折れたりすると事故ですから(汗)。

そしてようやく第四楽章。前半が終わって冒頭と同じ音楽が流れたら、客席に正対するように、という指示でしたので、それまでステージの内側を向いていた体を向き直ります。

バリトンの朗々としたソロを受けて、歌い始め。低い音は絶対無理しない、を心がけて、前半は軽く入ったのですが、やはり「歓喜の合唱」あたりからは省エネ、忘れちゃいました…。でも、気を取り直して腹筋の支え、息を流すをずーっと心がけていたら、途中からは全然きつくなくなり、後ろから聞こえてくるすごく上手な人の声に乗せて歌って行ったところ、最後まで気持ち良く通せました。

合唱だと、自分の声は集団の一部なので、逆に集中力が増す気がします。ソロだと細かい失敗がダイレクトに気になってしまうし、途中で立て直すのが本当に大変なので。(でも今はやっぱりソロを頑張ろうと思っていますが。)久々の合唱、気持ちよかったです。

第九って、最後の盛り上がりが半端ないので、途中がどうあれ、終わった時の達成感は何度歌っても良いですね。当然、終わった後は大喝采。鳴りやまない拍手は嬉しかったけれど、立ちっぱなしで疲れた足にはちょっときつかったです(笑)。

終演後は片づけを経て打ち上げ。

以前とはホール内レストランのテナントさんが変わり、和食系のお店になったのですが、打ち上げのお料理がすごく豊富で、美味しいおでんもあったりして、かなり満足でした。指揮者の先生をはじめ、ソリストの先生方も皆さん参加して、演奏会の大成功をお祝いしました。そういえば市長もいらして挨拶していましたね。

なんとなく前週までそれほど気持ちが盛り上がらなかった第九なんですが、終わってみたらやっぱり楽しかったです。来年はオケが今年と違ってプロだという話だし、また参加してしまうかもしれません。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Twitt

いよいよオケ合わせ~第九

第九の本番まで早一週間となりました。

今年は先生がお忙しかったのか、練習の回数が全体的に少なめで、その中でも1/3くらいは副指揮の先生のご指導でしたし、途中には練習のない週も2度ほどあるという、かなり余裕のない練習期間でした。

その埋め合わせなのか何なのか、この週末は2日連続で夜練習。

一日目は、先週(私はお休みしました)あった本番指揮者の先生のご指導の復習をしつつ通し練習。

ここのところ省エネを心がけつつも、いつもいつも最後までは持たないことが続いていたのですが、この日初めて、なんとか最後までラクに歌えました。少しだけホッ。

ただ、もう本番までカウントダウン状態にも関わらず、楽譜が手放せない方が結構いることにも驚き。

とは言え、先に書いたように今回は練習回数も少なかったし、仕方ない部分はありますね。

そして二日目はオーケストラ合わせ。

私自身、ここでの第九は4回目ですが、最初の時に市民オケだった以外、2回目3回目はプロオケの時を選んで参加したので、今回は久々の市民オケです。

オケ合わせは本番でも歌う大ホールでの練習になるので、やはり気持ちの入り方が変わります。ただ、ついつい喉に負担をかける歌い方に陥りやすいので気をつけないと…。

並び方はまだ仮ということでしたが、人数が多いので(約200名)、どうしても端の方は指揮が見づらくなります。私は目の端に入れて歌うのが苦手なので、かなり中央寄りを確保しました。本番でもその辺に行けるといいな。

指揮はもちろん本番指揮者の先生。

最初に、合唱の入るところからオケもほぼノンストップで通してみたのですが、思ったより良い感じだったので安心しました。

私自身、理由は良く分からないのですが、前日に引き続きどこも苦しくなりませんでした。ひょっとして力の抜き方を覚えたのでしょうかね。(腹筋は使っている自覚がありましたが。)

いつもだったらフーガの最後でもう無理!、という状態になってしまい、最後のPrestoはもうヘロヘロで、それこそ鶏が絞め殺されそうな声になってしまうのですが、それもたぶん無かったと思います。

ホールで歌ってみて何とか大丈夫そうだったのでかなり安心しました。いつもだったら広いホールに立った時点で力んでしまうんですが、最初から頑張らない、と決めているだけでも違うのかもしれませんね。

通しの後は例によって少しずつ修正をかけて行きました。

オケがプロの時は指揮者の先生はほぼオケを放置なのですが、今回は結構オケにもダメが出ていました(オケ練は別にあるのですけどね)。まぁ、普段は社会人をしている皆さんですし、合唱はもっとバラついているのでお互いさまなんですが。

でも、とても乗せ上手な先生で、雰囲気はとても良かったです。本番が楽しみ。

泣いても笑ってもあとはゲネプロと本番のみ。最後まで楽しく歌えますように。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Twitt

省エネ模索中~第九

第九の練習、今回は副指揮の先生でした。

前回音取りがすべて終わったので、いわゆる「歌いこみ」かな、と思ったのですが、指導者が変わればまた内容も変わるということで、最初から細かい部分の洗い直し、という感じでした。

常任のS先生とは注意する点が全然違うので面白い面もあるのですが、「ここがキツい」という部分の練習があまりなかったのでちょっと肩透かしを食らったような気分でした。

第九の合唱は、部分部分で取り出してもキツいのが”M”の「歓喜の歌」部分(特に繰り返し)とフーガ、そして最後のPresto以降かな、と思うのですが、実は”M”から”N”を経てフーガ、そして、ppの”ein lieber Vater wonen”までがほぼ休みなくひと続きになっているのが鬼門だと思うのです(あ、ソプラノの場合です。)

なので、ここを続けて練習しないことにはペース配分がつかめないんですが…。

今回はそういう練習はなかったのでちょっと残念です。

そして、個人的にはどうやったら省エネで歌えるかばかりを考えていました(笑)。

“M”はとりあえずmpくらいで歌えばそれほど疲れないで済みそうです。
回りがフルパワーで歌ってくれるので問題ないでしょう。

フーガは飛ばされたのでまだわかりません。

Prestoはどうしましょう。歌ってしまったらやっぱりキツかったです。ヘタに手を抜くとノドに来るので、ノドを開けてなるべく音量を上げないようにしてみたのですが、それでもAの連続は堪えますね。

Maestosoのところまで、なんとかしてある程度ラクに持っていきたいものです。

次回からは夜の練習。もう本番までカウントダウン段階です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Twitt

合唱コンクール終了

中学の合唱コンクール、無事終了しました。

息子のクラスは今年も優秀賞(学年1位)を取りました。

二年生はなぜか課題曲が混声4部で一番難しく、ここで結構差がついていました。自由曲も含めて、パート間のバランスが一番取れていたのが息子のクラスかな、という感じです。自由曲に結構難しい曲を選んだのに、なかなか良く仕上がっていたと思います。

他のクラスはどうしても男子の音量が大きくて(人数が多いのにコントロールができないのですね)ソプラノが聞こえない、という感じでしたが、息子のクラスは高いところが良く響いていました。その点も良かったのかも。息子自身もソプラノの要で頑張っていました。

まぁ、順位は二の次で、どのクラスも、この難しい年頃の子達が一生懸命声を出して歌っているのは見ていて嬉しくなりました。

一年生はみんな初々しく可愛らしいし。

三年生は最後ということでどのクラスも気合が入っていたし。

ただ、三年生に関しては気合が入りすぎなのか、体を使って歌うのは良いのですが、ほとんどのクラスの子たちが前かがみの姿勢になっているのが気になりました。

それ以外は、声もよくコントロールされていたし、さすが、三年生、という感じでした。

さて、保護者コーラスもそれなりに、特に破綻なく歌えたなぁと思ったのですが。

後で息子に聞いたら、去年と同じく「先生方よりはマシだったけど…」と厳しい反応。まぁ、合唱に関してはどうしても辛口です。そして一言。「お母さん、声、目立ちすぎ」。

え?、大ホールで30人以上で歌ってるのに飛び出しちゃってました? そんなつもりは無かったのですが…。

でも、きっと他の人は気付いてないからいいよね。所詮臨時編成だし。

たまーに歌うと合唱もいいなぁ、と思います。
また来年も楽しみです。

来年は選曲できる立場になりたいから、成人教育委員になろうかなぁ…。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Twitt

前日練習~PTAコーラス

中学の合唱コンクールがいよいよ本番です。

子どもたちはもちろんですが、保護者のコーラスもいよいよ本番。
ということで、前日、最後のPTAコーラス練習がありました。

最後の日は昼間の練習。

やはり、昼と夜とでメンバーが変わりますね。
昼しか出られない人、夜しか出られない人とはっきり分かれるようです。
つまり、本当の全体練習は当日だけで、しかも当日もリハは出られない人がいますから、結局のところ「ぶっつけ本番」ということですね。

それでも、歌のほうは今回、指導者の方が細かいことにこだわらない穏やかな方だったせいか、ほどほどに仕上がったように思います。雰囲気も和気藹々としていい感じです。

「いつでも何度でも」は、アルトが結構難しいのですが、前々回の帰りに、部活の先輩に頼まれて音取り音源を作り、それを一人の方にメールで送ったところ、想定以上の範囲に回ったようで、皆さん最後は結構な音量で普通に歌えるようになっていました。
音源も少しは助けになったのかな、という感じです。

おかげで今年私は希望通りソプラノでステージに上がれそうです。

後半は並びを決め、出入りの練習をして、本番指揮者(PTA会長/男性)も加わって通し練習。

毎年、PTA会長が指揮をすることに決まっているのですが、今年は新しい会長さんで指揮は初めてらしく、とても初々しい感じで一生懸命振っていらっしゃいました。

それにしても、まだちゃんと歌詞やメロディーが入っていないので、なるべく指揮を見るようにしたらあちこちで歌詞を間違えてしまって…。本番までにもう少しちゃんと歌詞を読んでおかなくては。

さて、自分たちはほどほどに頑張るとして、何と言っても主役は子どもたち。

どんな合唱が聞けるのか、楽しみです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Twitt