カテゴリー : 日常

中学最後の合唱コンクール

もう先週のことになってしまいましたが、中学校最後の合唱コンクール、無事終了しました。

本来ならば裏方として朝からバリバリ働くはずでしたが、松葉杖使いではそれは叶うはずもなく。

「早く行っても役に立たないけど行った方がいいですか?」と事前に他の委員さんたちに尋ねたところ「いてくれた方が心強い」ということでしたので、一応行ったものの、案の定ただの足手まといでしたorz。

何しろ、バリアフリーとは程遠い段差だらけのホールですし、片手しか空いていないのでロクに物も運べないし。

そんな訳で、皆さんが走り回っているのを指をくわえて見ているだけの一時間でした…。

その後休憩をはさんで、保護者コーラスのリハーサル。

試しに一緒に並んで歌ってみました。

段差は怖いので、皆さんが並んでいる段の下の平土間、一番外側に一人立ってw

片手は空いているし、立っている分には松葉杖も、脇に置いてあるだけ、という感じなので、めくりもできるしちゃんと歌えました。

問題は、息子から杖を持っての出演はNGが出ていたことですが、周りの方が口をそろえて「一緒に歌いましょう」「子どもに反対されてるのは私もだから」みたいに言ってくださったので、この時点で参加を決意。

一つだけ、客席からステージへの移動時間が問題でしたが、そこは3年生の最後のクラスを聴くことを諦めることで解決しました。

そしてコンクール本番。

1,2年生の演奏時間は、ひたすら受付。このくらいしか仕事できないし。

保護者の皆さん、多くの方が自分の子どもの学年(orクラス)しか興味がないようで…。まぁ、それが普通なんでしょうね。

そして、3年生の時間は、ホール後方の車いすスペースで鑑賞。(ホール備え付けの車椅子を借りていました。)

息子のクラス、自由曲が難曲で、すごく苦労している話を聞いていたのでハラハラしましたが、思いのほか良い出来で感動しました。ただ、次のクラスの方が上手でしたがw

3クラス聞いたところで後ろ髪を引かれながら退場して舞台袖へ。2年生母の委員さんが介助してくれました。

そしていよいよ保護者コーラス本番。

やっぱり大ホールのステージは気持ち良いです。
今回、もし出るとしたら楽譜をめくる余裕がないかも、と思っていたので、ほとんど暗譜していました。なので顔をあげて、笑顔を心がけて歌いました。
初めて自分で選曲したステージ。楽しかったです。

コンクールの結果、息子のクラスは1位にこそなれませんでしたが、出来が良かったので本人も満足していました。(私が出たことに関しては少し怒っていましたが、保護者コーラスは良かったと3年目で初めてほめられました。)

終了後はまた撤収でバタバタしたものの、なんとか無事に終了。

これで、私の委員長としての仕事も一段落です。

あとは怪我を治すのみ、かな。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Twitt

何にしようかな…

新年度が始まったと思ったらもうGWが近づいてきてしまいました。

学校では、この間、恒例のPTA役員決めがあったり、家庭訪問があったり。

で、私は義務教育最後の年に、PTAの某委員会で委員長を務めることになってしまいました。

少々荷が重い気はしますが、せっかく引き受けたので楽しく仕事をしたいと思っております。

さて、その委員会での一番目玉の仕事と言えば、「合唱コンクールの裏方」および、当日披露する「保護者コーラスの募集・練習等の仕切り」です。

もちろんそれだけではないのですが、他のいくつかのイベントはそれぞれの担当班に分かれ、各自が計画して実行して行ってくれるようなので、委員長の私はその経過や反省等をまとめて実行委員会で報告するだけで(もちろん参加もしますが)良いようです。

メインの合唱コンクールに関しては、自分が先頭に立っていろいろ決めていかなくてはならないので、今から楽しみなような不安なような…。

とりあえずは、伴奏者に立候補してくださった方がいたので一安心。

指導の方は、息子のピアノ&歌の先生が今年入っていらしたので一応お願いしてみたのですが、あえなく却下。見渡したところ合唱経験者も他にいなそうなので、どうやら自分ですることになりそうです…。

目下の関心事は選曲。

練習は4回しかないので、難易度の高いものは選べません。

でも、せっかくなので自分自身が楽しく歌えそうな曲を選びたいです。

今まで歌ってきた合唱は、ことごとく自分とは関係ないところで曲が決まって来たので、主体的に選曲できる機会なんて最初で最後かもしれません。

もうそれだけでワクワク。もちろん他の委員さんたちの意見もお聞きしますが、決定権は私にあります。いろんな楽譜眺めて、あぁでもない、こうでもない、と考えるのは実に楽しい。

さて、どれにしようかなぁ…。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Twitt

今度はシーリングライト交換

去年から家電品が次々寿命を迎えている我が家ですが…。

今度はリビングのシーリングライトの交換を迫られました。

壁のスイッチをONにしても反応しないことしばしばで、その度に脚立を使ってゴソゴソと少し動かしてみると点く、という状態になっておりました。接触が悪くなっていたようです。

そのうち、何度もガタガタやっていたせいかセード(覆い)のフレームが割れてしまい、いよいよ待ったなしの状況に。(セードを外したら負荷が減った分点灯する確率は上がったのですが、見栄えが悪すぎますよね。)

まぁ、築約20年、一度も換えずに使ってきましたし、もう今の時代蛍光灯でもないだろうと思いまして。

この際LEDにしよう、と決意して電気店を見て回ったり、ネットショップを探してみたところ、一時期に比べてかなり安くなっていることに驚きました。

少なくとも震災直後の頃と比べると全然違います。当時も節電のためにLEDに、という声が多かったので検討した覚えはあるのですが、まだまだ3万くらいはして、とても手が出なかったのです。

いろいろ検討して、某大手国内メーカー製の8畳用シーリングライトを1万円未満で購入しました。

我が家のリビングは約12畳の洋間に2箇所照明がつくようになっていますので、6畳用でもいいかなと思ったのですが、明るさは3段階に切り替えられるということだったので、暗いよりは、とこちらを選びました。

さて、交換はまた例によって私が自分でやりました。

脚立のてっぺんに登った状態で、元のライトを外すのに少し苦労しましたが、トイレに比べたら全然ラクでした。

取り付けの方はもう、説明書どおりにカチッと言うまで嵌める、さえ気をつければどうってことはありませんでしたし。

点けてみたら、やっぱり明るいですね、LED。70%でも十分な感じです。

昔のはヒモを引っ張って部分点灯などをしましたが(そのヒモもずいぶん前に取れてしまって、切り替え部分も壊れて全照しかできない状態でした)、今はみんなリモコンですね。リモコンがいっぱいありすぎるので、照明のリモコンは壁に取り付けてしまいました。

ところで、説明書を見ていたら、なんと光源の交換方法が載っていません…。つまり、点かなくなったら本体ごと交換しろということですね。一応5年保証つきですが、少しでも長持ちしてくれることを祈るばかりです。

シーリングライトは、もちろんここだけではないので、あといくつかはそう遠くない将来に交換しないとならないでしょう。

さて、実はまだ交換しないといけないものは控えているんです。

それはFAX付き電話機。これも15年くらい使ってます。イマドキ見ない感熱紙式です。

子機が2台あるのですが、ずいぶん前に1台はバッテリーがヘタってダメになり、ついに残りの1台も充電が効かなくなってきました。子機の液晶画面はとっくに読めなくなっていて、ナンバーディスプレイの意味がありません(笑)。

どこかのタイミングでこれも買い換えないとなぁ…。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Twitt

エコバッグを忘れずに

昨日、久々にイトーヨーカドーに買い物に行ってびっくり。

レジに行ったら、「本日より袋が有料になりました。無しでよろしいですか?」って。

ふだんは家に近い別のスーパーで買い物することが多く、しばらく来ていなかったので全然知りませんでした。

仕事帰りはエコバッグを持っていないことが多く、昨日もフラッと寄ったので仕方なく、「袋ください」と言ったのですが、2円プラスになってしまいました。

たかが2円、されど2円。

今までは袋を持っていくと2円引いてもらえましたが、今後は逆に、持っていかないと2円取られるのですね。

他のスーパーはまだ大丈夫なようですが、どこがいつどうなるかわからないので、これからは出勤時にエコバッグを忘れずに持っていこうと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Twitt

炊飯器を買いました

昨年は冷蔵庫と温水洗浄便座を買い換えましたが、もうひとつ、ずっと買い換えたかった家電があり、ようやく年明けに買いました。

炊飯器です。

これまで使っていたものは息子が生まれる前に買ったので、もう15年選手です。内釜のフッ素コートがあちこちはがれかかっているし、ゴム部分が劣化して一部破れたりして、さすがにもう無理と感じておりました。

考えてみると、我が家の家電って古いものが多すぎですね。

買い替えのスパンは10年から20年くらいで、どれもこれも長く使い過ぎかも。

去年買い換えた冷蔵庫は20年使ったので、買い換えた後は電気の使用量が前年より10%以上減りました。前年って震災のあった年で、自分にしては結構節電したつもりの年だったのに、それよりもさらに使用量が減ったのですから、冷蔵庫に使う電力がいかにバカにできないかわかります。

そろそろ各部屋のエアコンも買い替え時期です。夫の書斎が15年、リビングが9年、息子の部屋が8年。これらもそう遠くない時期に買い替えを考えないといけません…。特に夫の部屋はそろそろヤバいですかね。頭が痛いです。

話が逸れましたが炊飯器。条件はIHであることと前回と同じメーカーであること。サイズは5.5合。

特に多機能は求めないので最安を狙ってネットで買わせていただきました。

今はIH炊飯器でも1万円未満で買えるようになりました。15年前とはずいぶん状況が違うようです。

同じメーカーなので使い勝手に差がないのは良いです。内釜が新しいと炊きあがったご飯がくっつかないのが嬉しいです(当たり前ですが)。

何より、以前の炊飯器ではうまく炊けなかった「マンナンご飯」が、普通のご飯と遜色なく炊けるのが嬉しいです。(マンナンご飯用の目盛りとコースがあるのです。)

夫婦そろってダイエットが必要なので、これは有難いですね。

とりあえず、喫緊に買い替えの必要な家電はこれでなくなったので、慌てないようにエアコンの買い替え資金を貯めないと。

あぁ、来年は息子が高校受験だから、そっちもお金がかかるのに…。少し、映画や演奏会を控えるしかないでしょうねぇ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Twitt

年頭のご挨拶

明けましておめでとうございます。

昨年はついに長年の懸案であったWordpressへの移行を果たしました。

まだまだ使いこなせているとは言い切れない現状を、なんとか今年は打破して、ちゃんとしたサイトを作りたいと思っています。

そんなことも含めて、もう少しこまめに更新していけたら…と思っております。

皆様どうぞ本年もよろしくお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Twitt

温水洗浄便座を自力で交換

自宅の温水洗浄便座の調子が悪くなったのが1ヶ月ほど前。

温水が安定して出なくなりました。

考えてみたらこの便座ももう10年くらい使ってます。説明書にも「長期間お使いの方は買い替えをお考えください」と書いてあるし、そろそろ替え時だよなぁ、と思ってリサーチを始めました。

とは言っても、我が家の場合は特に高機能を求めていないので、とにかく一番ベーシックなもの、最安の価格帯のものに絞って探します。

結果、価格的にもほぼ最安値だったし、たぶん、前回と同じメーカーの方が交換が楽だろうと安易に考えて、パナソニックのものを選びました。
もちろん、一応サイズ等は調べて、取付可能なことだけは確認しました。

工事を頼むつもりもなかったので、価格.comで調べたところ、なんとAmazonが最安値。

と言う訳で迷わずAmazonに注文。すぐ2日後くらいに届きました。

ここまでが一週間くらい前の話です。

さて、商品が届き、とりあえず取付の説明書を見てみると、最初に止水栓の状態を調べることになっています。

「既存のものと交換する場合」で、現在の止水栓の種類を図と比べてみると…。

……載ってません(汗)。

型が古すぎて、分岐水栓として2種類載っているのですがどちらにもあてはまらないようです。

パナのサイトで商品番号検索をかけてもヒットしませんし。

それに、説明書には、「この場合は専門業者にご依頼ください」って書いてあるので、夫は「やっぱり頼まないとダメなんじゃない?」と及び腰。
えー、工事頼んだら安いものを探した意味がないじゃない?

それから改めて、ネットを検索しまくってパナ同士の交換をした方のレビュー等を読んでみると、やはり交換はなかなか面倒なことがわかりました。(新規取付は易しいそうです。) ただし、業者を頼む必要はなさそうです。

結果、説明書に書いてあるように、別売りの分岐水栓(止水栓)を購入すれば何とかなることがわかったので、改めてそれを注文。

ただ、これを使って交換するには水道の元栓を閉めないといけないので、交換する間は家中の水道が使えなくなります。(新規の場合はトイレ内の止水栓を閉めるだけなので大丈夫のようです。)

なので夫の休みの日に彼にお願いするのは断念して、自分でトライしてみることにしました。

で、自分の平日休みの日。

水道の元栓を閉めて、いざ開始。

まず、水栓部分の形が図解と全然違うので、どうやって外すのかしばし悩みました。止水栓部分の溝も全然回らないし。が、奥の袋ナットを少し緩めてみたらどうやら回りそうです。

結局、普通の止水栓と違って一体型になっていたようなので、先に給水ホースを外してからその部品そのものをグルグル回すことで、無事外れました。

ここまで出来てしまえばあとは説明書通りで簡単、のはずでしたが、家のトイレは狭いので、ナットを締めるのにもいちいち大変でした。何しろ、モンキーレンチが回るスペースがないんですもん。

まぁ、とにもかくにも無事水栓を交換し、あとは古い便座を外して(便器を掃除して)、新しいものを取り付けて…、の辺りは、今の部品が良くできていることもあって、それほど難しくはありませんでした。

取り付けた後元栓を開けて水漏れがないことを確認し、試運転して、無事動いた時はちょっと感動でした。

自分でやってみると、その部分の構造もわかるので良かったです。
次回は何年後かわかりませんが、もうちょっとスムーズにできそうです。

そのあと、古い便座を引き取ってもらうためにごみ収集センターに電話したら、「衛生上の問題がありますので奇麗に洗ってから出してください」と言われてしまい、ついでなので洗いました。ふだん届かないところは相当汚かったのですが、まぁ仕方ないですね。

そして、やっぱり新しい便座は気持ちがいいです。今度も長持ちしてくれるといいなぁ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Twitt

サッカー部のお父さんたち

中学2年の息子はサッカー部に入っています。

小学校もしくはもっと前からの経験者がほとんどという中で、中学から始めた息子はなかなか苦戦中ですが、部活そのものは楽しいようです。

私自身、息子がサッカー部に入ってから、公式戦や自校開催の練習試合などは、息子が出なくてもなるべく応援に行くようにしています。

ただ、最初の頃はいろいろびっくりしました。

ほとんどの子が同じ小学校のクラブからの持ち上がりなので、母同士もメンバーを良く知っていて、子供たちのことはどの子に対しても(母たちは)ニックネームで呼び合っています。応援の時もそれはそれは大きな声が飛び交っていますし。

一応みんな小学校から一緒なので、お母さんたちは私も知っている人が多かったのですが、特に親しかったわけではないので、やはりちょっと引いてしまう感じでした。

一年以上経って、だいぶ慣れましたし、みんな良い人たちで仲間に入れてくれようと気を遣ってくれていますが、それでもやはり完全には溶け込めずにおります。大人なので別に気にしませんが。

さて、慣れてきてふと見回すと、サッカーの試合って、夫婦そろって応援に来ている親御さんが多いな、と感じます。

特に、熱心なお父さんが多くて、毎回必ず来てビデオを撮っていたりします。もちろんメンバーのことも完全に把握しています。

おそらく元々サッカーをやっていたか、今もやっている方たちなんでしょうね。
そういうお父さんのお子さんは、大抵有力選手ですし。
(ただし、大きな声で応援しているのはお母さんたちで、お父さんたちは割とおとなしい感じです。)

でも、中学の部活の試合にこんなにお父さんたちが来ること自体、私の中ではすごい驚きでした。

たぶん、他の学校行事ではこれほど熱心にいらっしゃらないと思います(笑)。

もちろん、私が子どもの頃と比べると、普段の学校行事でも両親揃って、という人は格段に多いですが、なんか、熱が違うんですよね、サッカーの時は。

他の部活はどうなんでしょう。

野球は熱心なお父さんがいそうですが、バレーボールやバスケットボールの試合に毎回行くお父さんっているのかな?

だいたい、親が来るのはイヤ、という子が多いので、行きたいけど行かない、というお母さんもたくさんいます。それでもサッカーは来てしまうみたいですが。

ただ、振り返ってみると、うちの夫も学校行事に関しては小学校低学年くらいまでしか付き合ってくれませんでしたし、サッカーは論外なんですが、息子の音楽関係の演奏会や発表会は、仕事と重ならない限りはほぼ必ず行ってくれます。

その辺りは、サッカー部のお父さんたちに通じるものをちょっと感じたりして…。

やっぱり自分が興味のある分野で子どもが頑張っているのを見るのは嬉しいものなんでしょうかね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Twitt

「常識外れ」が「間違い」とは限らない

昨日は、糖質制限食を使った糖尿病治療で有名な江部康二先生の講演を聞いてきました。

先生の糖質制限に関する本は二冊ほど読んでいたのですが、特に最初に読んだ本(たしか我ら糖尿人、元気なのには理由(ワケ)がある。 ――現代病を治す糖質制限食)は衝撃を受けました。

実はそれまで、『炭水化物抜き』とか『糖質制限』に対しては懐疑的だったのです。理由は「なんとなく」というか「感覚的に」(笑)。だって、ご飯などを一切食べないなんて、体に悪そうじゃないですか。

少し前に流行った「アトキンス・ダイエット」をネガティブに取り上げた番組なんかを見ていたせいもあるかもしれません。

でも、理路整然と「糖質を摂らなければ血糖値は上がらない」「血糖値の乱高下が血管を傷つける」等々、対談の形をとりつつ説明されると、納得してしまって。

「元々、人間の体は穀物(糖質)を摂取するようにできていない」「脳はブドウ糖しか使えないなんて大ウソ」など、自分の持っていた常識というか先入観を覆されるような内容のオンパレード。でも、対談の当事者(糖尿病患者でもある)二人の実データ等を交えていることもあり、とても説得力がありました。

実は私の友人たちにも何人か、別の経緯で医師の指導のもと、糖質制限を実践している人がいるのですが、その成果が目覚ましいこともあって、俄然、興味を持ちました。

ただ、実践している方たちを見ても、たとえば「主食を摂らない」食生活って結構ハードルが高いです。外食するときに「ご飯いりません」の説明も面倒だし、職場などで誰かのお土産のスイーツなどを断るのも大変です。たんぱく質や野菜を大量に摂るので、その分金銭的負担も大きくなります。

でも個人的に何より難しいのは、お米を食べられないことかな。ご飯好きなんですもん。

結局、私自身はほとんど実践できていないのですが、それでも心情的には「糖質制限支持」です。

そんなわけで、京都にお住まいの江部先生が関東で講演なさると聞いて早速申し込んだのでした。

講演そのものは、糖尿病治療における糖質制限食の有用性についてが主な内容で、基本的には本を読んでいれば知っていることが多かったのですが、「食事は三食とる必要はない。朝食を摂らないと集中力が…、なんていうのはウソ」とか、「某N*Kの健康番組でこんなウソを堂々と放映していた」とか、先生の爆弾発言をいくつか聞くことができたので面白かったです。

医学の世界で新しいことを提唱すると抵抗が多いらしいことは以前からわかっていましたが、今はネットでそういうニッチな情報もどんどん手に入るようになったのでありがたいです。

この日の講演も広い会議室にたくさんの人が来ていました。たぶん地元だけでなくかなり遠くからもいらしていたのではないでしょうか。質疑応答の時間もたくさんの質問が飛び交っていました。

「常識にとらわれない」という意味では、『湿潤療法』もそうですね。江部先生は湿潤療法の第一人者である夏井先生と交流があるそうですが、お二人とも似たような立場なんでしょうね。

ちなみに湿潤療法の方は、私自身も実践しております。

「傷は消毒してはいけない。乾燥させてはけない。」

ということで、我が家にはキズパワーパッドが各種そろっています(笑)。

糖質制限や湿潤療法が、もっともっとメジャーになる日が早く来るといいなぁと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Twitt

尖閣問題とユニフォーム

今日は息子の部活(サッカー部)の新人戦一回戦でした。

息子は中学に入ってからサッカーを始めたので、小学校からの経験者がほとんどという中ではなかなか戦力になれずにおります。

それでも、自分たちの代になって最初の公式戦ですし、最近は出場機会もないことは無い、ということでベンチ入りはできるんじゃないか、と期待していたのです。

ところが、一昨日の夕方、後輩の一年生が数人、我が家に息子のユニフォームを借りにきました。

何でも、尖閣諸島の国有化問題のあおりで、かなり前に注文した一年生用の新ユニフォームがまだ届かないため、一年生でも即戦力の数人分は、二年生で出場機会のなさそうな部員のものを借りて確保しようということらしいです。

日中関係の悪化がこんなところにまで影響するなんて、思いもよらない話でした。

息子はちょうどこの時期、少し足を傷めていたこともあり、白羽の矢が立ったらしいです。

おそらく、怪我がなくても、ユニフォームを貸さなかったとしても、実際に出場機会は無かったでしょうが、ユニフォームを着られない、というのは出場のチャンスも最初からゼロ、ということでまた格別に淋しいものがあります。切ないですねぇ。

ちなみに、今日の試合は無事勝利。息子のユニフォームは一年生でただ一人フル出場した子が着ていました。他にも3人ほど、借り物のユニフォームで出場していましたが。

何でもいいので、早く一年生のユニフォームが届いてほしいです。せめて、控えにいるときもユニフォームくらい着せてあげたいので。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Twitt