投稿者アーカイブ

救急車で病院へ~アキレス腱断裂日記その3

救急車に乗る前には足に添え木を当てられて仰向けに寝かされたのですが、救急車の中では狭いのと揺れるのと、あと仰向けになったせいで痛いふくらはぎに足の重みが掛かって結構つらかったです。

市立病院に着くとすぐに研修医らしき若い先生が二人がかりで診察するのですが、どうも要領を得ません。

何の診断をするでもなく、とりあえずレントゲンを撮ります、と言ってレントゲン室に運ばれ、足の写真を3枚撮りました。

そこまでは早かったのですが、観察室に移されてからが長い。

何の連絡もなく放置です。

委員長さんと、車で追ってきてくれた近所のIさんが付き添ってくれ、Iさんは息子さん(ウチの息子と同じクラスで同じ部活の友達)に言って、まずはウチの息子に直接LINEで連絡を取ってみて、返事が無いようなら直接お宅に行って知らせてきなさい、と言ってくれたようです。

あまりにも放置されているので、どうやらそれほど重大なことではないんじゃないか、と3人で勝手に推測して、肉離れくらいで済んでるといいね、みたいな話をしていました。ちなみに痛みは多少出てきていましたが、我慢できないほどではなく、ふくらはぎ全体に鈍痛を感じる程度でした。

そのうち、夫が血相を変えてやってきたので、かれこれ一時間以上も付き添ってくれている二人にはお礼を言って帰ってもらい、診断を待ちました。

夫が到着するとしばらくして、整形外科の先生がやってきました。そして、おもむろに触診すると「これね、アキレス腱が切れちゃってるんですね。」と。

はぁ?、って感じでポカーンとしてしまいました。

「しばらくはこっちの足には一切体重かけられません。手術はしてもしなくてもいいんですが、ギプスは2ヶ月しないといけません」

「自転車は乗れませんか?」と聞いたら即座に「ムリですね」。

ガーン。通勤の足が無いじゃん?

とにかく、「今日は救急で人がいないので、明日改めて整形を受診してください。ただ、手術をしないことにするなら、近所の開業医さんでもいいですよ。通いやすいほうがいいですから」といわれました。

そして、簡単なギプス(ふくらはぎから足裏を固定するタイプ)をあてて、松葉杖を貸してくれました。

会計等は夫にお願いしたのですが、これがまたむやみに高額でびっくり。市立病院なのに、以前かかっていた救急病院(最近隣町に移転してしまいました)なら、こんなに取られないと思うんだけど?

タクシーで家に帰り、今後のことを考えると暗い気持ちになりました。

何しろ、10日後には声楽の本番を控えています。今月末には中学の合唱コンクールで、保護者コーラスの練習がすぐ始まります。今年も第九を歌うつもりで練習に参加し始めたところでしたし。

少なくとも、今月中の予定はほとんどキャンセルかな?

とりあえず、厚生委員長さんに、アキレス腱断裂だったことを電話で伝え、保険の申請等今後のことをお願いしました。

我が家には2Fにトイレが無いので、家の中での移動の不自由を考えて、しばらくは1Fのリビングに布団を敷いて、そこで寝起きすることにしました。

その瞬間~アキレス腱断裂日記その2

ソフトバレー4回目の練習日(10/2)。

前回、『審判講習会』があり、そのときはゲーム時間はほんの30分くらいで、ずっと講習会だったのですが、この日はその予備日。

「『講習はもう必要ない』という方は練習してていいですよ」ということで、昔バレーボールで審判経験のある私は、講習会よりもう動きたくて、チームメイトのKさんとパス練習から始めました。(あ、その前にもちろん、準備体操は念入りにやりました。)

ただ、必然的に自由練習になったメンバーはほとんどが上級クラスの人たち。ちなみに私は参加したてでブランクが長かったので、ほぼ未経験者ばかりの一番下のクラスに入っていました。

そんな中、自由練習のメンバーは「パスやサーブばかりじゃアレだから、ゲームしましょう」ということになり、なんと3対3でゲーム開始。

いつもは4人制しかも交代アリ、おまけに初級者ばかりでユルユルとやっているのに、3人制で周りは上級者ばかり、交代ナシ、という状況は、超ハード。ちゃんと、「レシーブ⇒トス⇒(時々)スパイク」というバレーボールっぽい流れでのゲーム。キツイけど、すっごく楽しい。

1ヶ月前に初めて参加したときは全然体が付いてこなかったけど、ずいぶん動くようになったなぁ、とこのときはちょっと嬉しくなっていました。思えばこれが一番危ない時期だったのかもしれません。

しばらくこのメンバーでゲーム形式練習をしました。当然、休憩する頃にはヘトヘトです。

少しの休憩後、講習会が終ったので本来のチームに戻ってゲーム開始。

しばらくは休憩前と同じように、ただ休憩前よりはかなり緩いペースで和気藹々とやっていました。

そして、後衛レフトに回ってサーブレシーブをした瞬間、左足のかかとの上辺りを、大きな石がぶつかった、もしくは誰かに思い切り蹴飛ばされたような感触がありました。

次の瞬間、アキレス腱の周辺から熱いものがジワーっと流れるのを感じたと思うと、激痛を覚えて、足を押さえたまま倒れこんでしまいました。

この直後のことは良く覚えていませんが、とにかく「痛い痛い痛い!!」と叫んでいたように思います。

3コートに分かれて練習していたメンバーが、全員集まってきました。

上級のメンバーが、コールドスプレーをかけてくれたり、校舎に行って先生に連絡し、何人かがかりでアイシングをしてくれました。

「大丈夫?」「ひねったの?」「どこがどう痛いの?」と聞かれますが、パニックになっていて左手の離せない私。「捻挫じゃないと思います。アキレス腱かも?」と。

そっと左手を離され、「とにかく靴を脱がそう」「靴下も脱がそう」といろいろやってくれます。

そして、皆で今後のことの相談を始めます。私はといえば、だんだんアイシングが効いてきて痛みが治まり、少し冷静になってきて「ごめんなさい、お騒がせして。たいしたこと無いかもしれないのに」と言いつつ、内心では「いや、そんなに軽くはなさそうだ」と思っていました。

アイシングをしてくれていた人が「とにかく病院にすぐ行ったほうがいいけど、車で送ると後回しにされるだろうから、救急車呼びましょう」と言います。ちなみに時刻は午後8時過ぎ。通常診療の時間はとっくに終っています。

そして、他のメンバーで近所の人は、「自転車で来たなら私が乗って帰ってあげる」。「私は車で救急車の後ろをついていくから、診察が終ったら送ってあげる」と次々に申し出てくれます。本当にありがたいことです。

その間も、「履いてきた靴はどれ?」とか「荷物をまとめてあげる」とか、とにかく細々と皆が世話を焼いてくれ、すっかり支度ができた頃、救急車が到着。

その前に夫と息子の携帯や自宅に電話したのですが、誰も出ません。ちょうどお風呂にでも入っているのか、うっかり寝てしまっているのかわかりませんが、ちょっと不安になりました。

みんなが見守る中、PTAの担当委員会の厚生委員長さんの付き添いで救急車に乗せられ、市立病院に向かいました。

PTAソフトバレーに参加~アキレス腱断裂日記その1

子どもが小学校の頃から、PTAのサークルでソフトバレーは人気でした。

私自身、中学~高校1年までバレーボールをやっていたので、すごく興味があったのですが、経験のあるスポーツというのはついついムリをし勝ちなのも知っているので、ケガが怖くて手を出せませんでした。あと、小学校のサークルは土曜日なので、家族の休日に毎週出かけるのは気が引ける、というのもありました。

子どもが中学に入ると、今度は市のPTAの行事として軽スポーツ大会があり、やはりソフトバレーがメインであります。

何度も誘われていたのをずっと断り続けていたものの、なぜか無性にやってみたくなりました。ここのところの心境の変化は自分でもよくわかりませんが、すごくやりたくなってしまったんですよね。ちなみに中学のPTAの練習は平日夜です。子どもが中学生になれば、夜の外出もしやすい、ということでしょう。

それで、9月に入って初めて練習に参加してみました。小学校から数えて9年目、義務教育も残り半年というこの時期にです。

ケガが怖いので準備体操やストレッチはかなり入念にしました。

ソフトバレーは初めてでしたが、ビニール製の少し大きめのボールで、その名のとおり柔らかくて、いきなりパスをしても痛くありません。
普通のバレーボールと比べるとコートは小さく、ネットは低く、4人制で、練習のときはチームメンバーが5人以上いたら、ローテーションで休憩できる、という感じでとっつきやすかったです。

ただ、三十数年のブランクはさすがに大きくて、思ったようにボールの中心で受けられないし、目は付いていっても足が付いていかない、という状態でした。

それでも、体の使い方はやっぱり覚えていて、ついつい、筋力が追いつかないのに低く構えたり、ボールを追いかけたりしてしまいました。

そんなことより何より、あまりにも楽しくて、時間を忘れてしまいました。

ただ、その日はとりあえず無事でしたが、翌日翌々日とひどい筋肉痛に襲われました。やはり、経験のあるスポーツは無理をしてしまいがちだなぁと実感しました。

でもあまりにも楽しかったので、翌週も、翌々週も参加しました。

その間、筋肉痛はだいぶ治まったのですが、右の股関節周りに痛みを覚えて、かかりつけのスポーツ接骨院で定期的に診てもらっていました。

思えばこれがひとつの原因だったのかもしれません。

アキレス腱が切れてしまいました

すっかりご無沙汰してしまいました。

音楽関係のこととか、いろいろ書きたいと思いつつ、延び延びになっていたら、とんでもないことが起こってしまいました。

PTAのソフトバレー練習中に、アキレス腱が切れてしまったのです。

やった当時はパニックに陥ってしまいましたが、数日経っていろいろ落ち着いてきました。

なかなか無い経験でもありますので、せっかくなので記録として残して行こうと思います。

順を追って書いていきますので、少しさかのぼって始めようと思います。

胸に落とすクセを抜きましょう

発表会が終わって、息つく間もなく次の本番に向けてのレッスンが始まっています。

というか、本番まで、レッスンはたったの4回しかありません。大丈夫か不安です。

曲目は、先生およびピアニストさんと相談した結果、ミュージカル曲ではなく、イタリア古典歌曲の「ラルゴ(オンブラマイフ)/Ombra mai fu」とトスティの「薔薇/Rosa」になりました。

「ラルゴ」は以前レッスンで暗譜までしたし、と軽く考えていたのですが、甘かったです。

こっちの方がはるかに難易度高い…。

低音やロングトーンが多いので、ついつい胸に落としてしまう癖が頻発してしまい…苦戦中です。

「Rosa」は初めてなのですが、歌ってみたら思ったよりラク。

ただ、伴奏の三連符に乗らないように歌う、というのがちょっと難しいかな。

一応、以前入っていた合唱団で、何度もこういう曲に当たって、乗らないように歌うコツみたいなものはわかっているつもりなのですが、それでも気付くとイタリア語のリズムとの兼ね合いもあって、つい乗ってしまう箇所があります。

とはいえ、こちらは慣れれば結構流れで歌えそう。先生がおっしゃるには、こちらはあまり胸に落ちずに歌えているそうです。

自分の中ではいまだに胸に落ちた時とそうでない時の違いが感覚としてわからないし、落ちた時の方がラクなので、すぐそちらに行ってしまうのですが、先生曰く、そろそろそのクセを抜かないと、先々歌えなくなりますよ、とのこと。

この年で今までの歌い方を壊して再構築する、ってメチャ難易度高いんですが、やらないといつまで経っても変わらないし。

次の本番が終わったら、さらなる迷路に突入…、でしょうか。

PCバッテリーの故障騒動

9月に入ったというのに一向に涼しくなりませんね。

とっても暑かった今年の夏ですが、会社のPC関連ひと騒動あったので書き留めておきます。

8月に入ってしばらくしたころ、私が仕事で使っているノートPCの、画面右下にならんだアイコンを見て、ふと違和感を感じました。

batteryどうも、電池の表示がかなり減っていて、カーソルを当てると、「3x%が使用可能です。(電源に接続:充電していません)」と出ます。(画像参照)

え?、AC電源につながっているのに、なぜ?、と頭の中を疑問符がいっぱい飛び交いました。

PCの電源関係のLEDインジケータを見ると、AC電源とバッテリー充電のランプが消えていました。

そして、しばらく気にしていると、どんどん電池残量が減っていき、帰る頃には5%になってしまって非常に焦りました。

他の人に聞いてみると、みんな「完全に充電されました(100%)になっているとのこと。

このPCはリースなので、販社の担当者に相談して、バッテリーの抜き差しをしたり、他の個体(会社なので同じ型番のPCがたくさんあります)のバッテリーやAC電源と交換したりしてみました。

とりあえず、この日はバッテリーを抜き差しして、AC電源とバッテリー充電インジケータの点灯を確認して帰りました。

翌朝出勤してPCを立ち上げると、電池は100%充電され、LEDも全部点灯しています。

やっぱりたまたまだったのか?、と思って仕事をしていたのですが、また午後3時過ぎくらいにバッテリーが半分以下になっていることに気づきました。

それからしばらく、毎日午後になると電池が減り始め、AC電源のLEDが消えることに気づきました。

また、スリープ状態にしたり、Windowsを落としたりすると、PC電源とHDDのLEDが消える代わりにACとバッテリーのLEDが復活することにも気づきました。

結局、この騒ぎは販社の担当で解決できずにメーカーサポートにまで行き、一旦は「基盤周りの不具合」として修理の手配までしたのですが(ちょうど1年間の保証期間が切れる直前でした)、同じ症状のマシンがもう一台あることが判明し、再度サポートに電話したところで、その時電話を取ったお姉さんが「ひょっとしたら故障ではなく設定の問題かもしれません」と言いだしました。

そして「ピークシフト機能」なる部分の設定を確認したところ、ビンゴ!

私のともう一台だけ、この機能が「ON」になっていました。

この「ピークシフト機能」、真夏の暑い時期、電気使用量がピークになる時間帯に、AC電源からの供給をストップし、バッテリー駆動に切り替えるというもので、最近のご時世に合わせて出てきた新機能らしいです。

バッテリー残量が限界になると勝手にAC電源駆動に切り替わりますが、バッテリーそのも気は深夜にならないと充電されない設定になっていました。

このPCはまだ使い始めて1年経っておらず、この機能は7月~8月の期間のみ発動するので、これまで全く気付かなかったという訳です。

と言う訳で、散々大騒ぎした結果、別に故障でも何でもなかったという結論だったのでした。

それにしても、販社の人も、それから最初に対応したメーカーサポートの人も、この機能のこと、知らなかったんですね…。あと、たくさんあるPCのうち、二台だけ、この機能が最初からONになっていたというのも不思議です。

発表会も終わって

すっかりご無沙汰してしまいました。

この間に、無事声楽の発表会が終わりました。

自分でもはっきり自覚するほど準備不足だったのですが、容赦なく本番はやってくるわけで…。

これほどまでに準備不足だったことって今まであっただろうか?、というくらい、ここ半年ほどは絶対的に歌う時間が減っています。

レッスンには行っていますが、それ以外の時間にどれだけ歌えている、もしくは歌につながる筋肉などを意識する時間があるかというと、物凄く少ない。

結果、どんどん歌うための筋力が落ちていて、思うように声も出ないし音程も安定しなくなっている。そんな感じです。

いっそ、合唱でもしたら良いのかもしれないと思わずにいられません。そうしたら、確実に声を出す時間は増えますから。

まぁ、そんなこんなで不安だらけの本番でしたが、不完全だった暗譜もリハーサルで何箇所か落ちたことでリカバーし、本番で立ち往生にはなりませんでした。

その場ではなんとか無難に歌いきった本番でしたが、後で聞くとまぁそれはそれは傷だらけで…。

息が続かないので無意識に走ってるし(ピアニストさんに申し訳ない)、跳躍音程はそれこそ「出たとこ勝負」ですっ飛んでるし。

壁にぶつかってるから歌っていて楽しくない⇒あまり歌わない⇒ますます歌えなくなる、という負のスパイラルに完全に入ってます。

ここで地道に先生のおっしゃることを繰り返し練習していれば、きっとどこかで壁を突破できるのでしょうが、ついつい忙しさにかまけてしまいます。

そうこうしているうちにまた次回の本番が1ヶ月半後に待っています。

秋はさらに忙しいのに、自分の首を絞めてるなぁ…。

それでも、これから第九の練習も始まるし、PTAコーラスもあるし、歌う時間だけは増える予定なので、少しは声が出るようになると良いなと思います。

いや、たぶんコンスタントにブログを書けば、自然と意識も向上するんでしょうけどね(汗)。

楽譜購入

昨日の続きです。

とりあえず、「Climb ev’ry mountain」の楽譜がほしいので、ずーっと前から買おうと手にとっては買わずにいたサウンド・オブ・ミュージック ボーカルスコアをアマゾンマーケットプレイスで購入しました。

これ、新品はいくらでも手に入るし、ミュージカルのヴォーカルスコアとしては破格に安いのですが、それでも出費はなるべく抑えたい…。貧乏性なんですよね。

結果、中古とは思えないほどの美品が届いて嬉しかったです。

楽譜そのものはすべて英語ですが、きちんと別冊で日本語の対訳や解説がついていて親切です。

ミュージカルの楽譜って、「ヴォーカル・セレクション」という薄くて簡略化されたものはよく売っていますが、スコアは滅多に出ていません。おまけにクラシックと違って版権が切れていないので、たまに見つけてもどれもすごく高額。そんな中で、こんなスコアがいつでも手に入るこのミュージカルってすごいなぁと思います。

で、肝心の「Climb ev’ry mountain」ですが。

歌いだしは思ったより低かったですね。ただ、その題名通り、とにかくどんどん上っていく…。上って上って、最後は五線の上のA(ラ)を伸ばして終わる、と、なかなかハードそうな譜面でした。

候補としては、断然アリだなと言う感じです。

ただ、これだけで決めてしまうのがなんとなく残念なので、もう少しあがきたくて、少しネットで楽譜を漁ってみたところ、こんな譜面を見つけたので注文しました。(アマゾンは新品がなく、マーケットプレイスは新品より価格が高かったので楽天のリンクを貼っておきます。)

自分の中の候補としては、他に「I could have danced all night/マイフェアレディ」、「Memory/キャッツ」などがあるのですが、とりあえず譜面を見たいのと、これは伴奏CD付きなので一人でも遊べるな、というのがあって。

こちらの譜面の内容が物足りなければ、「Think of me」のカップリングは「Climb ev’ry mountain」に決めようと思います。

なんて書いていますが、結局最終的にはクラシックになってしまいそうな気がしています…。

お腹が痛いと歌は歌えません~選曲中

7月に入って、いきなり体調を崩してしまいました。

腹痛から始まってひどい頭痛が続き、丸三日間寝込みました。現在はほぼ回復しましたが、まだお腹の調子は万全とは言い難く、この猛暑に冷たいものを口にできません…。

そんな状況のど真ん中に声楽のレッスンが入っていたのですが、貧乏性なのでキャンセルができず、基本、私の時間は夫が間に合えば夫のレッスンにしてもらい、私自身は秋の市民音楽祭で歌う曲の相談だけさせていただくことにして、向かいました。

お腹の調子が悪いと、腹筋に力が入らないので歌はむり、ということで先生にも納得していただき、とりあえず曲の相談をしました。

持ち時間は7分。大きな曲1曲、もしくは普通に2曲、という感じです。

どちらにしても、発表会の後一カ月半しか準備期間がないので、まったくの新曲だけ、というのは冒険が過ぎます。という訳で、少なくとも一曲はレッスン等で歌ったことのある曲にし、もう一曲も未知の曲は避けるつもりです。

実はまだメインの曲に迷っていて、今歌っているモーツァルトのアリアか、思い切って去年歌った「Think of Me」か、どちらかにするつもりです、と言ったところ…。

「それだけ方向性が違うと、カップリングの曲も全然違っちゃいますね。モーツァルトだったらそれこそ何でも良いんですが、「Think of Me」みたいな有名なミュージカル曲だとすると、それに見合った曲にしないといけないから。でも、ミュージカルの曲ってみんな音域低いでしょう?」

と言われました。

確かに、ミュージカルには良い曲がたくさん、それこそ星の数ほどあるのですが、基本、ソプラノにとっては音域の低い曲が多いんですよねぇ。

低い音域でも力まずに歌えるようになっていたら、もっと選択肢はいろいろあるんですが、今の私には低音域は禁物なので。

そんな訳で先生が候補に挙げてくださったのが、「サウンドオブミュージック」から「Climb ev’ry mountain」。楽譜は見ていませんが、確かに音域が高いイメージがあります。
とりあえず楽譜を入手して感触をみた上でどちらの方向にするかを決めるつもりですが、どうなんでしょう、やっぱりこの分だと素直にクラシック系にしておいた方が、今の段階では安全かなぁ…? だとしたら、カップリングをまた考えないと。

発表会前なのに、停滞中…

声楽のレッスン記事がぜーんぜん書けてません…。
Twitterのプラグインは記事書いた直後からダメなまんまだし(汗)。

いや、毎回中身の濃いレッスンをなさっていただけるのですが、こちらがあまりにも成長しないのでいつも似たようなことばかり言われてしまうのがきついのですよ。

なので書きとめるのも億劫になってしまって。

とは言え、書きとめないからますます頭に残らず同じことを言われる、の繰り返しになっているような気がします。

発表会まであと1ヶ月とちょっとしかありませんし、少しまた気合を入れ直さないとマズいですね。

実際のところ、今までもそうでしたが、発表会で大きくヘマる、とか、そういうことは無い、とは思うんです。たぶん無難には歌えるでしょう。先生もそれは心配していないとおっしゃっていました。

でも、そこで満足していたら別にわざわざ時間とお金をかけて習いに行く必要はないわけで。

声楽を習い始めた頃に思っていた『良い声で歌いたい』という気持ちは今でもあるものの、そこに今迷いを生じているから、なかなかテンションが上がって来ないのかもしれませんね。

というのも、自分の思う「良い声」と、先生が求めていらっしゃる、私が出すべき声というのがずいぶんと乖離しているように感じるからです。

まぁ、声は持って生まれた部分を変えることはできないので、そういう意味では自分の願望が現実に即していないということかもしれません。

先生の求めていらっしゃる方向に、きちんと進んでいるという実感が得られたら、もう少し加速できそうな気もするのですが、なかなか難しいんですよねぇ。

ちなみに、先生がおっしゃるには、私はいつも低い方を頑張り過ぎ。立派な声を出そうとしすぎなんだそうで。いつもいつも言われるのは、「もっと軽く」「もっと若い声で」。あと、声帯を極力使わないように。

昔は全然使っていなかったのですが、前の先生に「声帯使わな過ぎ。もっと使いなさい」と言われて、結果現在はかなりのノド声になってしまっているらしいです。

そればかり意識すると軽くてペラッペラの声になっちゃうんですよね。それだととにかく物足りなくて。実際響きもついていないのですが、ちょっとでも「響かせよう」なんて試みようものなら、先生からすかさずダメだし食らうし。

今現在はペラッペラでもいいから軽い声で歌うことが最優先みたいです。

…んー、自分はいったいどこに向かっているのか、先が全然見えなくてモヤモヤします。