装具が一段下がりました~アキレス腱断裂日記その17

受傷44日目。5度目の通院です。

前回装具をいただいてからなんと三週間も経ってしまいました。

こちらの整形外科では、装具屋さんがいらっしゃるのが週に一回だけなので、一回逃すと一週間遅れてしまうのです。

先週、どうしてもこの時間に戻って来られない用事があったため、先生に別の日ではダメですかと尋ねたのですが、装具の調整は装具屋さんがいる時でないと無理なので、その一週間後で、と言われたのでした。

考えてみたらギプスを巻いていたのとほぼ同じ期間、この高さの装具と過ごしたんですね。ギプスの三週間はすごく長く感じましたが、装具になってからはできることも増え、仕事にも復帰したせいか、とても短く感じます。

この三週間で、片松葉の歩行もかなりラクになりましたし、数歩ならば装具さえしていれば、杖が無くても歩けるようになりました。

特にここ一週間くらいは、自分でも劇的に回復しているように感じていましたので、この日が待ち遠しかった一方、ようやく慣れたこの状態から、また変わるんだな、という怖さもありました。何しろ、装具のソールを一枚外すということは、今までよりアキレス腱部分が2cmほど伸びるということなので。

さて、処置室では、先生の指示で、早速装具の調整です。

ソールを一枚外し、金具を調整して、装具だけでまっすぐ立つようにします。

この金具の調整が、装具屋さんでないとできないらしいんです。
なので自動的に一週間延びてしまいました。

思ったより手間をかけて装具を調整してもらい、ようやく装着してみると、やはりアキレス腱部が少し引っ張られるような感じがします。

それでも、意外にあまり痛くなかったので、少しだけ歩く練習をして、再度松葉杖の調整もしてもらい、この日は終わり。次回は2週間後です。

先生に「自転車はまだ乗れませんか?」と聞いてみました。

そうしたら「乗るのは大丈夫だと思うけど、降りた後どうするの? 杖をかついで乗るの?」と聞かれてしまいました。

そうですね。考えてみたら、まだ押して歩くのも無理だし、杖が外れないことにはやっぱり話になりませんね。

そんな訳で、当初3段あったソールが現在2段になりました。歩くのは今まで通り片松葉で、特に問題なく過ごしています。

それより、以前に比べて杖なしでの移動もかなりできるようになってきました。
無理は禁物なので家の中のちょこっとだけにしていますが。

今は家事も、洗濯物を干したり、掃除機をかけるくらいはできるようになりました。

早く杖が完全に外れて、自転車移動ができるようになりたいなぁ…。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Twitt
  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。