PTAコーラス練習開始

PTAコーラスの練習が始まりました。

私が委員長をしている委員会の最大イベント、合唱コンクールに向けていよいよ始動です。

本来私は指導をする予定だったのですが、予期せぬケガによって本番のステージに上がることはもちろん、毎回の練習参加も危うい状況になってしまったので、急遽、昨年指導してくださった方で、今年も合唱に参加を申し込んでくださった方にお願いしました。

実はその方には募集の前にも一旦お願いしたのですが、丁重にお断りされてしまったのでした。

でも、練習開始一週間前の受傷に、途方にくれた感じでお願いしたところ、今度は快諾くださって、本当に助かりました。

そして一回目の練習は、連絡事項もたくさんありますし、なんとかして行きたい、ということで、委員さんの一人に送迎をお願いして、無事会場に行くことができました。

その前に、音取り音源は無事完成し、希望者には配布済みでしたし、ケガをする前に、楽譜も無事準備完了していたのは幸いでした。

本当は、今回楽譜も凝ったんです。ちゃんと両面印刷の中央綴じにして、中表紙もつけたし、裏表紙裏に歌詞ページも作って。Y先生の手書き譜もちゃんとスコアメーカーとIllustratorで清書しましたし。

これだけ力を入れて準備してきただけに、悔しいものがあります。でも後は、もう体を使う仕事はできないので、副委員長さんを中心に、委員さんたちにお任せして、無事コンクールが終了するまで、お仕事していただかなくてはいけません。

何はともあれ練習です。

最初に指導の方に、私の中で勝手に決めていたことをお知らせして、お願いしました。

具体的には、ソプラノのオブリガートと、最後に三部になる部分で、省略しても良い音符を小音符にしておいたので、基本的にここは無視して指導してほしいこと。

オブリガートは小学校のコーラス仲間で経験のある人を数人私が指名してお願いするので、基本、他の人は全員メロディーユニゾンでお願いします、ということ。

最後の三部の一番下のパートは、編曲者から「二部の際は省略してよい」という指示のある音なので基本はナシだけれど、昔このパートを歌っていた人が何人かいるので、うっかり出てしまったらそれは構わない、というようなお願いです。

今回は選曲もスケジュール調整も全部自分の都合でしてしまったので、指導をお願いしたTさんには本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。

でも、心配していたよりも音取りはかなりスムーズに進み、心配していたNコンの課題曲「ふるさと」も、この日のうちに音取りが終ってしまいました。

音取り音源を用意したり、入念に準備した甲斐がありました。

まだ練習は3回ありますので、なんとか形になりそうでホッとしました。

私自身は、受傷当時、本番ステージは無理かな?と本気で思っていたのですが、少しずつ動けるようになってきて、何とかステージに上がれないかと今は考えています。

どうやら本番の頃には装具になりそうなので、小さな杖で立てるようになっていれば、楽譜は持てなくても歌えるかもしれません…。

しばらくは、ここを目標にして頑張ろうと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Twitt
  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。