その瞬間~アキレス腱断裂日記その2

ソフトバレー4回目の練習日(10/2)。

前回、『審判講習会』があり、そのときはゲーム時間はほんの30分くらいで、ずっと講習会だったのですが、この日はその予備日。

「『講習はもう必要ない』という方は練習してていいですよ」ということで、昔バレーボールで審判経験のある私は、講習会よりもう動きたくて、チームメイトのKさんとパス練習から始めました。(あ、その前にもちろん、準備体操は念入りにやりました。)

ただ、必然的に自由練習になったメンバーはほとんどが上級クラスの人たち。ちなみに私は参加したてでブランクが長かったので、ほぼ未経験者ばかりの一番下のクラスに入っていました。

そんな中、自由練習のメンバーは「パスやサーブばかりじゃアレだから、ゲームしましょう」ということになり、なんと3対3でゲーム開始。

いつもは4人制しかも交代アリ、おまけに初級者ばかりでユルユルとやっているのに、3人制で周りは上級者ばかり、交代ナシ、という状況は、超ハード。ちゃんと、「レシーブ⇒トス⇒(時々)スパイク」というバレーボールっぽい流れでのゲーム。キツイけど、すっごく楽しい。

1ヶ月前に初めて参加したときは全然体が付いてこなかったけど、ずいぶん動くようになったなぁ、とこのときはちょっと嬉しくなっていました。思えばこれが一番危ない時期だったのかもしれません。

しばらくこのメンバーでゲーム形式練習をしました。当然、休憩する頃にはヘトヘトです。

少しの休憩後、講習会が終ったので本来のチームに戻ってゲーム開始。

しばらくは休憩前と同じように、ただ休憩前よりはかなり緩いペースで和気藹々とやっていました。

そして、後衛レフトに回ってサーブレシーブをした瞬間、左足のかかとの上辺りを、大きな石がぶつかった、もしくは誰かに思い切り蹴飛ばされたような感触がありました。

次の瞬間、アキレス腱の周辺から熱いものがジワーっと流れるのを感じたと思うと、激痛を覚えて、足を押さえたまま倒れこんでしまいました。

この直後のことは良く覚えていませんが、とにかく「痛い痛い痛い!!」と叫んでいたように思います。

3コートに分かれて練習していたメンバーが、全員集まってきました。

上級のメンバーが、コールドスプレーをかけてくれたり、校舎に行って先生に連絡し、何人かがかりでアイシングをしてくれました。

「大丈夫?」「ひねったの?」「どこがどう痛いの?」と聞かれますが、パニックになっていて左手の離せない私。「捻挫じゃないと思います。アキレス腱かも?」と。

そっと左手を離され、「とにかく靴を脱がそう」「靴下も脱がそう」といろいろやってくれます。

そして、皆で今後のことの相談を始めます。私はといえば、だんだんアイシングが効いてきて痛みが治まり、少し冷静になってきて「ごめんなさい、お騒がせして。たいしたこと無いかもしれないのに」と言いつつ、内心では「いや、そんなに軽くはなさそうだ」と思っていました。

アイシングをしてくれていた人が「とにかく病院にすぐ行ったほうがいいけど、車で送ると後回しにされるだろうから、救急車呼びましょう」と言います。ちなみに時刻は午後8時過ぎ。通常診療の時間はとっくに終っています。

そして、他のメンバーで近所の人は、「自転車で来たなら私が乗って帰ってあげる」。「私は車で救急車の後ろをついていくから、診察が終ったら送ってあげる」と次々に申し出てくれます。本当にありがたいことです。

その間も、「履いてきた靴はどれ?」とか「荷物をまとめてあげる」とか、とにかく細々と皆が世話を焼いてくれ、すっかり支度ができた頃、救急車が到着。

その前に夫と息子の携帯や自宅に電話したのですが、誰も出ません。ちょうどお風呂にでも入っているのか、うっかり寝てしまっているのかわかりませんが、ちょっと不安になりました。

みんなが見守る中、PTAの担当委員会の厚生委員長さんの付き添いで救急車に乗せられ、市立病院に向かいました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Twitt
  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。