Excelとタブリーダー

職場で何か図面等を作るときは、基本AdobeCS3を使っているのですが、これは何故か私専用なので、これで作ったものは私しか触れないという、自分で自分の首を絞める状態になっております。

なので、私が休みの時でも緊急に変更しなければならない可能性のあるものは、Office2007で作っています。

まぁ、Adobeに比べるとOffice製品はやはりいろいろ制約が多くて、イライラすることも多いのですが、それでも昔に比べるとかなり使い勝手は良くなっております。

と思っていたのですが、Excel2007については毎回つまづいては検索し、毎回残念な結果に終わっていることがあります。

それは、「タブリーダーが自動で書けない」ことです。

タブリーダーというのは、Wordにはあるのですが、例えばメニューなどで「○○・・・・××円」のように並べた時に、前と後ろを揃えて間をつなぐ「・・・・」部分のことです。

Wordであれば、タブを設定するときに項目があって、設定しておけばタブを打ったときに自動的にリーダーが間を埋めてくれます。

が、Excel2007には「タブとリーダー」の項目はあっても肝心の「リーダー」の設定がありません。

MS-Officeには、一般にはあまり知られていない隠れた便利機能が結構あるものですが、どうやらこれだけ探し回っても見当たらないということは、きっと無いのでしょう。残念です。

そんなわけで、Excelではタブリーダーの代わりに、「図形」の点線を使うことにしました。

見栄え的にはとりあえず要求は満たされましたが、手間はかかりますね。

いつか対応してくれることはあるんでしょうか。
まぁ例え対応してくれたとしても、会社が新バージョンを買ってくれる時が来るかどうかは分かりませんが。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Twitt
  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。